人気ブログランキング |

ファンにはじまりファンに終わったSS501イベントin大阪

日に日にうちの検索ワードでSS501がダントツで1位なっているんですがやっぱり待っていただいている方がいるのかな~トンでもシナでもこの増え方はなかったのでビックリですよ!というわけで見えないプレッシャーをちょっと感じますがまたぼちぼち書こうかな~と。プレッシャーというよりも早く書かないことには忘れちゃいそうで(^o^;やっぱり老化の影が忍び寄っているようです(笑)

今回生SSくんを見るのは去年の日本での初コンサート以来で去年はSS君達がまぼろしか!?と思うほど遠いところだったんですが今回なんばHACHはスタンディングなので去年よりは少しは近くで見れるのを楽しみにしていました。なんばHACHといえば去年トンを初めて生で見た場所なんですがまさかそこで今度はSS君達を見るとはちょっと不思議な縁というかなんというか、ただ単に手を広げすぎなのかもしれませんが(笑)彼らは色々な意味でもう一度生でみておきたいグループでした。

その割には参加を急遽決めてしまったので整理番号はかなり後ろのほうで、でもなんばHACHは会場自体が小さいので大丈夫だろうと鷹をくくっていったんですがやはり会場につくともうちょっと近くでみたいな~という願望がふつふつ。でもいまさらそんなこといってもしょうがないので自分の整理番号が呼ばれるのを待っていたら一人の女性の方が、「番号何番ですか?」と聞かれててっきり私はどこまで入場が許されたのかの確認だと思って自分の番号を答えたらその方が突然、チケットあまっているのでよかったらこれでどうぞ!とチケットをタダでくださったんです!それも私の番号は14組の後半だったのがその方のチケットは9組の前半で突然のことでびっくりしてちゃんとお礼もいえないままだったんですがあの時私にチケットをくださった女性の方、本当にありがとうございました!おかげさまで思っていた以上に近い場所で見せていただきました!ちゃんとお礼が言えなくて申し訳なかったです。でも本当にうれしかったです。

こんなことてあるんですよね~去年のコンサートでもSS君達にファンの方が自発的にメッセージカードを渡すためにファンに協力をお願いしていたことがありましたがSS君のファンの方はトンシナのファンにはないアットホームな雰囲気があっていいな~と思いますよ。特に最近ファンに対して不信感があった私にとっては今回のうれしいサプライズに心が暖かくなりました。

そんなうれしいサプライズのおかげで当初の予定より早めの入場が出来たんですが、トンのときは会場の半分より後ろだったのが今回はほぼ真ん中ぐらいでこれで少しはちゃんと顔が見れるだろうという期待感が!でもここでせっかくうれしいサプライズに喜んでいたのにがっかりするようなことが。最初私の横ぐらいにいた高校生ぐらいの男の子とお母さんの親子ずれにような方がトイレに行って戻ってきたら、前に知り合いがいたのかいつの間にかそっちのほうに行っちゃって横入りのような形になって私のほぼ目の前に背の高い男の子が来ちゃってせっかくいいポジションを確保でいたのに~!スタンデイングの場合入場番号だけ決まっているのでこういうことがあるのはしょうがないのかもしれませんが、背の高い人に横入りされるのはちょっと。。。と思いますよ。特に私の前の女の子と二人組みは相当かわいそうだったな~と。せっかくベストポジションを見つけたのにその男の子の間から見ないといけなくなってしまって開演前に相当気分を悪くしていたようです。せっかくうれしいサプライズに喜んでいたにもかかわらずこういうことで少しテンションが落ちてしまったんですが、それでも当初よりは前のほうだったので開演時間が近づくのを今か今かと待っていてやっと開演時間7時に!聞きなれた「kokoro」のワンフレーズが流れてきたと思ったら幕が下りて5人登場~!!

本当思っていたよりも近くてテンションアップ!!衣装は赤いベストと黒いタンクトップだったかな!?ちょっと記憶が曖昧なんですが、リダさんがバンダナみたいなのを巻いていました!でもこれはなかったほうがいいかな(苦笑)でも終始5人とも笑顔で、何より歌もダンスも1年前よりうまくなってる!!1年前ははじめての日本でのコンサートということで緊張もあったと思うんですが、それ以上に韓国でも日本でも場数をこなしてきたことで自信がでてきたようの感じました。曲が終わると「まいど!おおきに!SS501です」とのご挨拶!ここでもやはりセクシーカリスマ、ジョンミン君の日本語が大活躍でしたね~一年前の日本語字幕つきコンサートを見ているものとしてはこの成長振りはすごいな~と思いましたよ。とりあえず1曲が終わって椅子が出てきて座りでのトークが始まったんですが、並びは左からジョンミン君ヨンセン君マンネリダさんキュヒョン君の並びだったような。大阪は久しぶりですね~の一言から始まり、前後が逆になっちゃうかもしれませんがキュヒョン君が大阪では牛丼のママさんを食べました!との一言に牛丼のママさん??となったんですがこれはどうもすき焼きのようだったんですよ~この一言はなかなかかわいかったですね~それに対してセクシーカリスマ、「スタッフさんか牛丼の話はしないようにといわれたのにしちゃいましたね~」の一言に会場ドッと!「札幌、名古屋ではレコーディングの話をしたので、大阪では別の話を・・」 ということで趣味の話なんかもしたかな。ヨンセン君が写真にはまっていてかなり撮っているという話になって、会場から「見せて~!」という声があったんですが、さすがに用意していなかったようで、「東京で見せます!」との一言があったので東京参加される方は要チェックですよ。

あと何があったかな~そうそうソロ曲をワンフレーズだけ披露してくれたんですが、リダさんだけ「ニコラス歌います!」といったんですがニコラス??二コの曲を歌うんじゃないようね!?なんて思っちゃったんですが、実はこれ「ツーコーラス」の意味だったようで、この間違いにまた会場から笑いが!リダさんも恥ずかしそうだったんですが、今回リダさん、最初から結構テンション高かったですよ~まぁあんな場所でテンション低かったら困りますが(笑)ただ後半にかけてテンションが下がっていっているな~というのを明らかに感じることができたのがちょっと面白かったです。

ここでFCで募集されていた質問コーナーだったと思うんですが、最初の質問は「もし透明人間になったら、何をしたいですか? 」だったと思うんですがキュヒョン君「宇宙人に会ってみたいです」と答えたと思うんですがなんで透明人間と宇宙人は関係あるの!?と心の中で軽くつっこみ(笑)それに続くかのようにリダさん、やたらと僕も宇宙人に会ったみたい!と力説。なにやら宇宙人にかなり興味があるようで熱く語りたいんだけど日本語がついていかないようでちょっともどかしそう。マンネ「ジョンミン君の部屋に入ってみたい。かばんの中を見たいんですよ~」と言ったんですが、カリスマ!かばんに何隠し持ってんのよ!怪しいものでもいれてるんでしょうか(笑)ヨンセン君「僕は普段出来ないことを」と言った段階で皆さん同じことを考えたでしょうね(笑)「男として・・・」と付け加えちゃうから余計想像しちゃったじゃないか!(笑)でも願望をそのままポロっと言っちゃうのがかわいいな~カリスマ「ヨンセンさんと一緒で」みたいなことを言ったんですが、まぁ考えていることは一緒よね~確か昔トンも同じような質問をされていたと思うんですが、ここでしあちゃんはなんと答えたっけ!?てトンの話はいらないですね^^:

次の質問は「メンバーの物まねをしてください。」だったと思うんですが、ここで気づいたんですが、いつからカリスマがいじられキャラになったんでしょうか(笑)4人が団結してカリスマの物まねを始めたんですがやはりこういうことになるとマンネが輝く(笑)まったく話と関係ないですが本当マンネお肌が白くてきれいでしたよ~日本語もジョンミン君の次にうまいし、何よりお客さんの乗せ方を知っているのはこの人ですね~やはりマンネキャラに弱いようです(笑)結構中心に見ていたので。えんでぃといいマンネは天真爛漫でなくちゃ!某Tグループの俺様Cさんが落ちつきすぎなんだということがよくわかりました^^;そのマンネ「警告」のときのジョンミン君の真似をしていたかな。キュヒョン君の歌中のメンバーが歌っている間のカリスマのまねもなかなか面白かったです。

次は「会場に向かって投げキッスをしてください。 」とのリクエストだったと思うんですが、これがまた色々キャラがでて面白かったですよ~個人的にはキュヒョン君の投げキッスが一番好きだったかな。最近キュヒョン君の和みキャラが気になります。あんまり自分から出て行こうとするタイプじゃないけど時々ボソッと言う一言がかわいかったり面白かったりするので何気に気になるんですよね~日本語での歌もキュヒョン君がかなりいい感じなんですよ。皆さんテレながらも5人5色の投げキッスを見せてくれました。

地域の名産品を食べるのが定番なのか今回大阪の名産品として出たのが「堂島ロール」でした。私も食べたことがあるんですがなかなかおいしいんですよね~でも普通に食べさせないのがお約束。しりとりに勝った人が食べれるということになったんですが、正直ヨンセン君をかなり心配してました^^:リダさんも日本語はまだまだの部分があるけどヨンセン君は質問コーナーでもなかなか入っていけなくて、ノートをうちわにしちゃうくらい手持ちぶさたなかんじだったので^^;でも思っていた以上にがんばっていたことの心の中で拍手。でも結局負けちゃったんですけどね(苦笑)もうゲームなんてしないで普通の食べればいいのに~!とヨンセンファンは皆さん思ったでしょう。私もそう思いましたもん!そんな気もしらずマンネドカ食い(笑)そんなに糖分が足らなかったのか!と思うほど食べておりました(笑)でもちゃんと最後はカリスマがヨンセン君に食べさせてあげて、さすがカリスマ~!と思った次第です^^

ここで衣装チェンジとセット変えのために一端はけたんですが、ここからまたまた一部のファンの言動がちょっと。。。あんまりこういうこと書きたくないんですが、ちょうど私の斜め後ろくらいに韓国から来たファンの方がいて、その人たちが日本のファンとはまた違うテンションで、映像が流れるたびに「キャ~!!オットケ~!」と興奮状態だったんですね。でもそれはいいんですよ~そういう状態になっちゃう気持ちもわかりますし、日本でのコンサートの雰囲気がわからないんだろうな~と思ったので。でもその横にいた人はそれがかなり気に入らなかったようで、「どんだけ叫んでもあんたたちのものにはならないから」「今日で本当韓国人が嫌いになった」「これだから発展途上国から来た人たちは」など正直言って聞くに堪えない暴言の数々にこっちが気分が悪くなっちゃいました(苦笑)確かにね、かなりの興奮状態で隣にいた人にはたまらなかったと思うし、途中でビデオを用意して撮り始めちゃうなど決してその韓国の人たちのマナーがいいとは言えないけど、腹が立ったからって言っていいことと悪いことがあるような。韓国の人だから意味がわからないかもしれないけど、意味がわかる周りにいる人間にとっては、かなり苦痛でしたよ。こういうことがあったので次のリダのソロはちゃんと見れませんでした(苦笑)バンドをバックになかなかかっこよかったんですけどね~

リダさんのソロが終わってから新曲『Distance~君とのキョリ~』を歌ったんですがこれもなかなか覚えやすい曲なんじゃないでしょうか。思うんですがSS501はちゃんと日本での自分たちの色みたいなものが出た曲を歌ってますよね~この点はポニキャンに所属する韓国のアーティストにも共通すると思うんですが、その点エイベ!そろそろ色々考えるときが来てるんじゃないの。てまた毒吐きかけてますね^^;次はなんでしたっけ!?もうこの辺からさっきの周りの雑音がますますひどくなって正直言って集中して見れなかったんですよね~そうだ!アカペラで『上を向いて歩こう』を歌ったんですよね~ここでアカペラというのはやはり若干意識してる!?とも思ったんですが、思っていた以上にうまかったですよ~多分最後にもう一曲くらい歌ったと思うんですが、本当外野の雑音がひどくて、アンコールコールがあったんですがそのまま出てきちゃったんですよ(苦笑)まぁスタンディングで体も結構きつかったし、また発作が起こってもと思ったので出てきちゃったんですが、正直後味の悪さを感じながら会場を後にしました。

今回SS君たちははるかに一年前に比べると成長したしまだ日本語はおぼつかないところはあるけどがんばろう!という気持ちはちゃんと伝わってきただけにこの終わり方はちょっと残念でした。シナにもトンにも一部の過激なファンというかマナー違反をしてしまう人はいるとはいえ、今回開演前に素敵なことがあっただけにこの後半でのファンの行動でかなりテンションが落ちちゃったのは事実です。本人たちはまったく悪くないんですよ!これはシナにもトンにも言えますが、最近こういうことが多くて必然的にテンションが落ちちゃうんですよね~(苦笑)

あとトンSS君たちを比べようとする人たちもいますが、正直言ってそれぞれ違う魅力だし一概に比べるのもどうかと。私もこのレポの中で比べちゃっているところがあるかもしれませんが、これはパフォーマンス云々の違いではなくキャラの違いやグループの雰囲気の違いをあげているだけなんであしからず。これは個人の好みの問題がかなり大きいような気がするんですよね~私も一年前は正直言ってトンと色々比べちゃうことが多かったです。あの頃は生トンのパフォーマンスの余韻が相当強烈だったときでもあったので。でも今回久しぶりに彼らを見てきて彼らには彼らの魅力があるし、変に対抗心もっちゃってファン同士で争うのてむなしくないですか?もっと大きな目で彼らのことを見れるとまた違う楽しみ方があると思うんですよ~確かに会社同士が発売日をぶつけたりして煽っている感は否めないけどそういう煽りに乗らずに同じ韓国人アーティストとして認め合うことも必要だと思うんですけどね。なんかまた生意気なことをいっちゃって、苦情来そうですけどこれが私の本音です。

今回はあんまり突っ込みどころも探さずイベント自体を楽しめたんですがひとつだけどうしてもつっこみたいことが!今回もともと後ろのほうなので応援グッズなども何も買わなかったんですが、会場に入ってみるとハートのペンライトを持っている人が多くてちょっとこれどこかでみたことあるような。。。と思ったらこれにソックリ!!
どう考えたってパクリやろう~!!こちらで比べてもらえればわかりますが、つくりまでソックリで怒るというよりも笑っちゃいました^^まぁイベントのタイトルが「Heart to Heart」となっているのでハートでと思ったんでしょうが、お値段はシナのほうが高いし、SSくんのほうは首にぶら下げられるように紐がついていてちょっと改良されているようです^^;まぁシナに関してもなんでこのとき水色だったのか未だにわからないのでいいんですけどね。

でも開演前の出来事は本当にうれしくて、こういう人たちいることがわかって最近色々もやもやすることが多かったんですが少し救われたような気がします。SSくんたちはまだまだ荒削りな部分もあるし、日本語ももっとがんばらないといけない部分もあるかもしれないけど、成長の速度には本当に驚いたのでこれからもSS君たちファィティング~!!

by inami4009 | 2007-09-15 15:35 | 韓国歌手