カテゴリ:韓国映画( 29 )

ネタ不足なんですかね~

香港映画「男たちの挽歌」を韓国でリメイクする話が動きだしてるようなんですが
どうもチョウ・ユンファ兄貴版のほうじゃなくニコパパが主演した版がベースになるみたいなんですよね~キャストを見てもソンスンホン、チュジンモ、チョハンソン、キムガンモというメンツを見ても本当にユンファ版なのかという疑問はあったのでニコパパ版なのかもしれないですね~最近キム・ガンモが好きなのでちょっと楽しみなんですけど音譜
ソンスンホンの前はチャンドンゴンの出演が噂されたこともありましたが、このキャストでどれだけ本家に迫れるか楽しみですな~

この「男たちの挽歌」のリメイクは何年か前から話がありましたが、ちょっと最近驚いたのがソン・ガンホキム・スンウが初共演するという映画、
アンディ兄さん、ジャッキー・チュン主演の「ベルベットレイン(江湖)」のリメイクなんですって!私が読んだ記事ではリメイクのことなんて触れてもなかったのでオリジナルなんだと思ってたらリメイクだったとは。そしたらえじとショーン君の役はどうなるんだろう!?この2人はアンディ兄さんとジャッキーの若い頃の役だったのでもし同じような設定ならソンガンホとキムスンウに似た若手を探さないといけないのも大変なような^^;

しかしこうも香港映画のリメイクが続くてことはあれだけ独自性で評価が高かった韓国映画界もネタ不足ってことなんですかね~そのうち「インファナルアフェア」のリメイクもやりそうな気がするけど、ヤンは永遠にトニーさんだけですから~!!ってイタイな(笑)久しぶりに映画の話題なんかをちょこっと書いたら映画見たくなってきたんですけど!最近ホント見逃してばっかりで邦画も見たいのが多かったんですが一切いけず(爆)久しぶりに見に行きたいな~何がいいかな~まずはこれから行きますか!



結局無間道かい!!だって大好きなんだもん~!!結局トニー迷トニーに帰る(笑)
[PR]

by inami4009 | 2009-12-06 21:11 | 韓国映画

釜山映画祭を見て自分の行動力のなさを嘆く

釜山映画祭が開幕しましたね~毎年のことながら豪華スターが揃うので記事を見ているだけでもわくわく☆今回日本側の興味の対象はやはりキムタクエリカ様でしょうか。エリカ様は結局欠席してしまいましたが、釜山でどういうパフォーマンスを見せてくれるのかちょっと見たかったかも(笑)私の中ではあれはパフォーマンス以外の何者でもないと思うんですよね~3、4年くらい前でしょうか。関西で昼ドラを撮っていたときのインタビューでのエリカ様は今とはまったく違ってかなり純粋な印象しかなかったんですが、いつの間にあんなになっちゃったんでしょう(^▽^;)なんか無理してキャラを作っている感もしなくもないんですが^^;今度どんな姿で出てくるのかある意味楽しみです(笑)

そしてキムタク、やっぱり人気あるんだな~ていうか今回は写真は解禁なのね^^;『HERO』の撮影で釜山に来たときには徹底的に肖像権を主張して韓国マスコミからブーイングの嵐だったんですが、さすがに今回は映画祭ということもあってあの事務所も緩めざるおえなかったのかな。というよりも11月韓国公開でそんなこと言っていたら総スカン食らう可能性あるもんね(苦笑)韓国のマスコミって書かれるほうよりも書くほうが力を持っている部分があるから、いくらでもバッシングなんてできちゃうんですよね。さすがに公開前にジャニも少し気を使ったんでしょうかね。『HERO』はこれまでの日本映画の公開で一番たくさんの劇場で公開されるそうでどこまで韓国の映画ランキングに食い込んでくるんでしょうか。私、見てないんですがイ・ビョンホンssiが本当にチラッとしか出てないそうですね^^;それ見て韓国のお客さんがどう見るのか興味があります。

キムタクがファンミを行うこと自体珍しいことなんですが、記者会見で結構率直な気持ちを語っているのが印象的で。この記事でのキムタクの発言はなかなか日本では聞けないことが多いので面白いな~と。まず日本のマスコミはキムタクということだけで気を使いますもんね。その点韓国マスコミはある意味ルールなしだし、日本で聞けないようなことどんどん聞いちゃえ(笑)それにしても最近のキムタクのスケジュールはちょっと異常ですよね。大阪に来たと思ったら、F1見に行ったり、香港で映画の撮影を行っていると思えば韓国に来ているし、やはりワールドスターになりつつあるんでしょうか。でも同じ日本人として海外で認められるのはうれしいことですよ。釜山映画祭はまだまだ続きますが、去年から始まったスターサミットでしたけ!?映画祭開催中に海外の映画関係者、バイヤーたちにスターたちを売り込む場があるんですが、そこにはチョ・インソン君イム・スジョンちゃん、日本からは藤原竜也くんなどが参加予定らしいです。これとはまた別に「初雪の恋」のPRのために宮崎あおいちゃんも来韓予定らしいのでまだまだチェックしないと。でもやっぱり現地に行きたいな~て毎年こんなこといっているんですがまったく実現しない私の行動力を嘆きます(苦笑)
[PR]

by inami4009 | 2007-10-06 15:54 | 韓国映画

ピ(RAIN),イム・スジョン主演映画『サイボークでも大丈夫』のポスター初公開

c0062102_1929595.jpg
>シナのコンサートの直前なのでシナの曲ばかり聴いているんですが、その合間にピ(RAIN)くんの日本初オリジナルアルバムを聴いているんですがこれがいいんですよ~さすがピくん!といえるくらいなかなか完成度が高いアルバムでこれで韓国でのアルバムもすごく楽しみになってきたんですが、俳優チョン・ジフンのスクリーンデビュー作『サイボークでも大丈夫』のポスターが公開されました!韓国はポスターも何パターンかあるのでまた違うパターンが出てくると思うんですが、あの復讐ものを撮っていたパク・チャヌク監督作とは思えないほどポスターはほのぼのしてますよね。ピくんの顔がちゃんと見えないのが残念だけどポスターだけみてもこの映画期待できそうですよね~イム・スジョンちゃんもすごくかわいいな~もともとこの役はカン・へジョンちゃんだったんですがイム・スジョンちゃんに変わって、ピくんスジョンちゃんのほうが雰囲気が合っていていいな~と思っていたんですよね。これも早く公開して欲しい~!!大きなスクリーンでピくんを早くみたいな~


[PR]

by inami4009 | 2006-09-20 19:29 | 韓国映画

『私たちの幸せな時間』の主演カン・ドンウォン、イ・ナヨンは絵になる二人

いよいよカン・ドウォンくんの最新主演作『私たちの幸せな時間』が韓国で9月14日に公開されるんですが、公開に先駆けてマスコミ試写会が行われたようですが映画の内容と主演2人の演技に好評が集まっているようです。最後は涙、涙なんて話があるんですが早くみたいな~と思ったら日本公開は来年の4月だそうで遅すぎ!と思うんですが最近の韓国映画の日本での公開は本国と同時公開やそんなに時間を置かずに公開なんてことがよくあったのでこの作品だけがすごく遅いな~と感じてしまいます。まぁ大好きなドン君の作品を早く見たいとの思いが強すぎるのかもしれませんが(笑)なんとかもうちょっと早くなりませんかね~でも年末から年明けにかけて韓国映画がかなり公開ラッシュなのでこの時期になったのかもしれませんが早くみたいな~と思うんですが。以上私の公開時期が遅すぎるというボヤキでした(笑)

公開が近づいてきて最近この2人のツーショットをよく見るんですが本当に絵になる二人ですよね~思ったんですけどこの2人ちょっと顔似てませんか??顔の系統が同じような感じがするんですよね~それだけ美男美女の証だと思うんですが、この美男美女のツーショット日本公開のときにも見れるのかな~ナヨンちゃんなんてなかなか来日しないのでもし実現したらすごい貴重だと思うんですが、やっぱり公開が遅すぎる!!(←まだ言ってる(笑))それにしても最近のドン君のファッションは私が理解できない方向に進んでいるような。。。流行の最先端ファッションなんだと思いますがこれドン君だから着こなせてますが他の人がやったらかなりやばいことになりますよ~(笑)うちのおばあちゃんが見たらズボンの布を間違って縫ったんじゃないかと思って自分で縫い直しそう(笑)


[PR]

by inami4009 | 2006-09-05 19:31 | 韓国映画

カン・ドウォン、イ・ナヨン主演映画『私たちの幸せな時間』の予告編が見れます☆

今日も暑かったですね~暑さに弱いんでまだ夏は始まったばかりなのにヘロへロです!(´Д`;)皆さんもこれからますます暑くなりますが体に気をつけてがんばりましょうね!こんな暑さには楽しいアジアのエンタメ情報を!ということで今日はカン・ドウォンくんの話題なんですが、関西では『1%の奇跡』の放送が決定して8月7日からは月曜夜8時から『威風堂々な彼女』の放送が決定して関西はちょっとしたカン・ドウォンくん祭りの夏になりそうなんですが、これだけじゃなくてドン君の最新作『私たちの幸せな時間』の予告編がみれるところを見つけちゃいました☆ここで見れるんですがこのポスターとはまた違って主演二人の涙がすごく印象的な予告編になっています。ナヨンちゃんの泣くシーンも美しいんですが、やっぱりドン君の流す涙美しすぎますよ~本当にドン君は泣くお芝居がうまいな~あれだけボロボロ涙を流せるのはさすがですよ!ドン君の涙を流すシーンが見れる予告編を観たらますます早く公開してほしい!!日本公開も早くなってほしですね^^

今日は大好きなオダジョーが出ている『ゆれる』を見てこようと思っています。でも昨日友達が観にいったら立ち見も満員の回があったとか。そんなにお客さんはいっているんですね~この映画を観た周りの人からの評判もすごくいいので早く見たいと思っていたんですが、映画は近場波なのに今回は遠出になるので行ったはいいは満員だったらがっかりしそうなので電話で劇場に行って確認してから行こっと。


[PR]

by inami4009 | 2006-07-27 17:30 | 韓国映画

第43回大鐘賞映画祭開催

昨日が韓国の映画賞の一つ大鐘賞映画祭の日だということをすっかり忘れていて、夜中にそのことに気づき色々情報を探していたんですが、結果はやっぱり韓国映画の歴代興行収入を塗り替えた『王の男』が圧勝で、10部門制覇したそうです。中でもチャン・ドンゴンssiイ・ジョンジェssiを押さええて主演男優賞に輝いたカム・ウソンssiの受賞には感動しました。韓国エンタメにはまり始めた時に韓国ドラマを見まくっていたんですがその中にウソンssiが出演した作品もあって、この人うまいな~と密かに応援していたんです。だから今回の受賞はついに頂点までのぼりつめたんだな~感動してしまいました。ますますこれからが楽しみですよ^^ウソンssiの最新作『恋愛時代』が日本でも近々見れそうだという噂を聞いていて、韓国でのリアルタイムでの放送を見ることを面白いと思いながらも途中でやめてしまったので早くみたいな~そんなお気にいりのウソンssiが主演男優賞を受賞したことでも盛り上がった大鐘賞映画祭ですが、女優陣の華やかなドレス姿もこういう映画賞では楽しみの一つですが、キレイな女優陣の中でも個人的に同性から見ても本当にきれいと惚れ惚れしてしまったのがこの方です~☆

年齢を聞いていつもビックリするイ・ヨンエさん。実年齢とヨンエさんの外見がここまで釣り合っていないのには驚きですよ~今回は主演女優賞は逃したようですが、海外での人気をかわれて海外人気賞を受賞したようです。『チャングム』で一斉を博しましたが、そろそろ新作の話題が聞こえてきてもいいかもと思うんですが、映画もいいですけど恋愛ドラマでのヨンエさんがまた見たいな~これだけキレイなんだから恋愛ドラマの中で愛に苦しむヨンエさんを見てみたいですよ。ヨンエさんの声も好きなんですよね~ちょっと高くてかわいい感じの。ヨンエさんの魅力を堪能するためにはやっぱりドラマでのヨンエさんもう一度見たいな~


[PR]

by inami4009 | 2006-07-22 19:32 | 韓国映画

『デイジーアナザーヴァージョン』見てきました☆

最近シナ動画にはまってすっかりヒッキー状態で映画もろくに観にいってなかったんですが今日は観る、観るといいながら行けなかった『デイジー』を観てきました☆それもインターナショナルヴァージョンではなく韓国ヴァージョンを。ここのところすっかりいいコンビになってきたと勝手に思っている(笑)ぼちさんと観にいってきたんですが今日は映画の日ということもあって朝一の回でも劇場は満杯状態でやっぱりウソンさん人気はすごいな~と実感しました。正直言ってシナの動画にはまっていたのでなかなか観にいく気がしなかったというのもあるんですがこの映画がどうも周りの評判が悪くて、それ聞いちゃうとさすがのアンドリュー監督もやっぱり韓国との共作は難しかったか~と思っていたんですが、いいも、悪いも自分でみて観ないことには話にならないとのことで観にいってきましたが私はこの映画結構面白かったです!インターナショナルヴァージョンを観ず韓国ヴァージョンをみたせいもあるかもしれませんが、最初ウソンssiの片思いシーンは確かにストーカーぽっくみえて中だるみをちょっとしたんですが中盤にかけてアクションシーンが入ってくることによってテンポがよくなって引き込まれていきましたよ。さすがアンドリュー監督アクションシーンはお手の物ですね~マフィアのボスの手下役として役者としてもでていてこの映画のアクション監督も務めたディオン・ラムと仲直りしてよかった~と思いましたよ。『インファナル・アフェア』を髣髴とさせるアクションシーンはやっぱりディオン・ラムがいないことには成立しなかったと思うので。ぼちさんはインターナショナルヴァージョンもご覧になってたんですがこちらの韓国ヴァージョンのほうが面白かったと言っていたのでやっぱり編集によってテンポがよくなったのかもしれないですね。この『デイジー』の脚本家は『猟奇的な彼女』の監督でジヒョンちゃん大好きが全面にでやすい監督が担当していたのでインターナショナルヴァージョンではジヒョンちゃんに照準を絞った編集だったのなら多分私もあまり面白くかんじなかったかも(苦笑)でも今回の韓国ヴァージョンはアンドリュー監督らしさも感じさせながら韓国人俳優の情感豊かな演技が生きた映画になっていたと思います。でもイ・ソンジェssiの扱いがもうちょっとよかったらな~と思いましたけど。だって結局ソンジェssiが嘘をつくことで話がややこしくしなちゃって、ジヒョンちゃんを好きになる過程がもうちょっと丁寧に描かれていればよかったんですけどね。オイシイところは結局ウソンssiがさらっちゃったな~て感じだったので。ソンジェssiも本当にいい役者さんなんですよ!だからこそもうちょっとウソンssiジヒョンちゃんを奪い合うような見せ場を作ってあげてほしかったな~とは思います。そしてジヒョンちゃんですがやっぱりキレイですね~そしてこの物静かなかんじのジョヒョンちゃん好きです☆『猟奇的な彼女』も好きなんですけど実は『イルマーレ』ジヒョンちゃんのほうが好きなのでこの控えめな感じが良かったですよ~次回作は商業映画ではなく文芸路線の小規模映画に出るなんて話もあるのでまた新たなジヒョンちゃんが見れそうで楽しみにしています^^

パンフレットを買ってアンドリュー監督がどういう風に撮ったのか知りたかったんですが売り切れだったんですよね~だから撮影方式などが詳しくわからなくて残念なんですが階段を使ったアクションシーンはなかなか見ごたえありました。カメラをわざとブレさせて臨場感を出したり、あえて敵対する者同士をアップではなく引きのショットから撮り始めてみたりカメラマン出身のアンドリュー監督らしさが出てましたね。でもクリストファー・ドイルが担当していたらまた違う感じになったかもなんて思ってみたりもしましたがさすが香港映画のアクションを何年も撮り続けてきただけに迫力あるアクションシーンになっていたと思います。回想シーンは『インファナル』を髣髴とさせるものもあったし。ただこの映画を韓国映画というのは難しいかも。かといって香港映画ともいえない。韓国、香港合作なのでどちらの国の映画とも断言できないのかもしれませんが、韓国映画のきれいな枠におさまった終わり方が好きな方はこの映画は苦手の部類に入るかもしれないですね。でもだからといって香港映画特有の勢いを期待する人にはこの映画はキレイ過ぎると思います。まさに韓国、香港映画の中間に位置する映画だと思うんですがこの中間に位置することが中途半端だと感じられた方もいると思いますよ。だからこの映画が韓国で大ヒットに至らなかったのかもしれないですね。なんだかんだと書きましたが今度はインターナショナルヴァージョンと見比べてみたいかも☆


ウソンssi最初ストーカーぽく見えてひきそうになりましたが中盤からやっぱりかっこよさ全開でした☆銃を構えた時のかっこよさはしびれますよ~そしてジヒョンちゃんにだけ向ける笑顔のギャップがイイ!でも今日思ったんですがウソンssiの一番好きなところはひょっとしたら声かも☆ナレーションが入るたびにいいわ~と思っていました。

やっと近づくことができたのに、ジヒョンちゃんは自分とは違う人を見ていた。この切なさをもうちょっと全面に出してくれたらもっと泣き所があったかもしれないですね~

そしてウソン病の主治医としてTANI-BOOさんにお薬の時間です~(笑)いつもがんばられているTANI-BOOさんにファイトの意味を込めてこの写真を捧げます^^現実社会は大変なことが多すぎますがウソンssiみて癒されましょう!この上向きかげんのウソンssiもかっこいいな~て自分が癒されてどうする!(笑)

以前Franさんからも感想楽しみにしていますといっていただいていたんですがこんなの感想じゃないですよね(苦笑)すみません。。。せっかくお待ちいただいたのにまともな感想かけなくて。まぁそこがロコモコらしいよと思っていただければ幸いです(-"-;A


[PR]

by inami4009 | 2006-07-01 15:33 | 韓国映画

カン・ドウォン、イ・ナヨン主演映画『私たちの幸せな時間』のポスター公開

GYAOで放送中『マジック』いよいよ今週で最終回です。重い、重いといいながらも何とか最終回まで見続けることができましたが関西地域では『1%の奇跡』の放送が始まるので今度は明るいドンくんの姿が見れるのを楽しみにしているんですがこの映画も重そうなテーマなんですが公開を楽しみにしているんですよね~ドン君が死刑囚を演じた『私たちの幸せな時間』のポスターが公開されました。このポスター変に作りこんでなくてこの2人の関係性が見える感じでいいですよね。白いTシャツもお似合いです。ナヨンちゃんも好きな女優さんなので本当にこの2人の共演は楽しみですよ~ポスター撮影ではタバコを吸わないナヨンちゃんの変わりにドン君がタバコに火をつけてあげたとか。仲いいんですね~この2人。美男美女同士のカップルですが普通のラブストーリーじゃなくちょっと重いテーマの中でこの2人がどんな演技を見せてくれるのかいまから楽しみです^^


[PR]

by inami4009 | 2006-06-26 16:00 | 韓国映画

ソン・へギョスクリーン進出2作目の相手役はユ・ジテ

世間はワールドカップで盛り上がっているのに私はサッカーとはすっかり無縁の生活を送っています(苦笑)帰ってきてからも持ち帰った仕事に追われている状態でサッカーどころではなかったんですよ~でもアジアのエンタメを追っかける時間はあるんです(笑)

大好きな韓国の女優ソン・へギョちゃんのスクリーン第2作目が朝鮮時代の芸者黄真伊(ファン・ジニ)を演じることが決まったようですがその相手役が『美しき野獣』『南極日誌』などで有名なユ・ジテssiになるようですよ~2人ともファンなんでこれはみたい!でもふと思ったんですがへギョちゃんジテssiの身長差すごくありそう。ピ(RAIN)くんと共演した時もかなり身長差あるな~と思いましたが今度はそれ以上かも。この映画ではへギョちゃんがデビュー以来初めての露出シーンがあるのではといわれていて製作前から話題なんですけどこれに関しては韓国でも賛否両論あるみたい。今まで清純派で通ってたへギョちゃんだけに大胆なイメージチェンジがどうでるか一種の賭けのような部分があるようです。でも女優さんだからどんな芝居にも果敢に挑戦することはいいことだと思うけどどうなんでしょうね~この映画と同じ黄真伊(ファン・ジニ)をモデルにドラマも作られるようですがこれはハ・ジウォンssiの出演が噂されているようですがこの黄真伊(ファン・ジニ)さんて韓国では有名な人物なんですね。これだけ映画やドラマで扱われるということは。へギョちゃんジテssiも時代劇初挑戦になるこの作品最近韓国ではまた時代劇ブームが来ているようなので話題になりそうだし何よりこの2人の共演は見てみたいです^^


[PR]

by inami4009 | 2006-06-23 20:00 | 韓国映画

チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ主演『デイジー』アナザーヴァージョン上映決定

公開前夜にチョン・ウソン祭りをしながらもまだ『デイジー』見に行っていません(苦笑)まぁ風邪やシナコンサートがあったのでそれどころではなかったというのがあるんですがなんか周りの評判も賛否両論があってアンドリュー監督らしさが出ていないとかいわれたりするとどうしようかな~と思っちゃうんですがそんな迷っている中でビックリするようなニュースが!チョン・ウソンssi演じるパクウィからの視点で描かれた『デイジー』アナザーヴァージョンの上映が決まったようです!見た人の話ではチョン・ウソンssi演じるパクウィがストーカーにしか見えないとの評判があったりするのでこのアナザーヴァージョンを見たほうがパクウィの心情がよくわかりそうですね。でもやっぱり現在上映中の『デイジー』も見ておいたほうがいいかな!?賛否両論がある作品はやっぱり自分の目で見ないと結局は判断できないので早く見に行ってこようと思います。映画を見に行くのってちょっと映画館から遠のくとなかなか足が向かないんですよね~それも仕事終わりとなるとますます足が重くなるんですがシナにばかり浮かれていないでウソンssiも目を向けろと言う証拠でしょうか(笑)

今日もネット新聞に記事を掲載していただきました。今日のテーマは先日参加した『K-POPスーパーライブ』のことです。ここで読めますので読んでいただいてぽちっと評価なんてしていただけるとうれしいです。



[PR]

by inami4009 | 2006-06-14 16:00 | 韓国映画