カテゴリ:アジア( 19 )

絶対観て!観て!「レッドクリフ」

今日はあまりにバカらしいことの連続で、連日残業しないとダメな状態にもかかわらず、先輩とキレて定時で退社。あんまりにももやもやしすぎるので映画でも見に行こうか!と言われ、何観る?との問いも聞かずに「レッドクリフ~!!」と叫ぶ私。こういうことがなければ今週中には「赤壁」観にいけなかったかも^^;そういうわけでようやく行ってきました!「レッドクリフ(赤壁)」観に!!

面白かった~!!先輩はもともとアジア映画を見る人ではないのにその先輩も大絶賛!

世間一般の評判もよかったし、アジア映画大好きな友達の評判もよかったので期待はしてたんだけど、さすがジョンウー迫力ある映像、豪華キャストのキャラをそれぞれちゃんと立てた演出、派手なアクション!2時間半の長さを感じさせることなく、観客を引き込む力は健在でした。

トニー迷としてはこの前編はちょっと出演シーンも少ないし、物足りなくも感じたんだけど、オープニングしょっぱなから派手な戦闘シーン、ここで胡軍のかっこよさにやられた~!!『藍宇 情熱の嵐』でも哀愁あるうまい人だな~とは思っていたんですがアクションシーンも完璧にこなし、主君への忠誠を尽くすかっこいい趙雲にまずやられ、どんなことがあっても男のプライドは捨てない関羽のりりしさにもやられ、インパクトある風貌なんだけど味がある張飛にもやられ、そして諸葛亮金城武!!ですよ。

最初若干出てきたときの印象が弱いかな~と思ったんだけど聡明なだけじゃなくお茶目さもあり、諸葛亮周瑜の言葉を交わすとも分かり合える男同士の友情が素晴らしい!「傷城」でのトニーさん金城さんコンビの男同士の絆もよかったんだけど今回の言葉なくとも分かり合える姿っていうのもよかったですね~

3月に生チャン・チェンを見に行ってからチャンチェンの綺麗さにもやられてたんだけど孫権役もよかったのよね~偉大な父と兄を越えれないコンプレックスを抱えながら、でもいつかは自分も一国の雄として野望を持ったまなざしがね~いいですね~トニーさんと一緒に馬に乗りながら一緒に走ってるシーンが私的にはたまらなかったです!

悪役の曹操役チャン・フォンイー、どこかで見たことがあるな~と思っていたら『さらば、わが愛~覇王別姫』『始皇帝暗殺』に出てたんですよね!久しぶりの映画出演だそうですが、この人の存在感があってこそ映画の存在感が増してよかったですよ。

そしてそして我が愛しのトニーさん!!言うまでもなく素晴らしい!!やさしさもあり、そして男気もあり言うことなしの周瑜だけど、あの奥さんとのシーンっている!?ラブシーンがすごい!なんてふれこみがありましたが、あんなの「色戒」に比べれば序の口ですから。リン・リーチンさんは綺麗だと思うよ。でも一人の女性を守るために戦が始まったなんてものすごく薄っぺらい物語になるような感じが・・・エイベがラブ要素も入れてほしいと注文いれたなんて話を聞いたんですが、余計なことをせんでよろしい!これってトニー迷のやきもちに聞こえますかね^^;でも人民の命を守るために必死で戦ってる人の物語を薄くする必要がないと思うんですが(苦笑)でもトニーさんはよかったよ♪って結局はそれでいいんかい!(笑)

中村獅童さんも何気にいい感じでしたよ~もっとあからさまにごり押しで入れましたで~!って感じになるのかとも思ったんですが^^;思いのほうか存在感があってあの世界観になじんでた。

アジア映画で武侠ものが流行りだしたのって多分「HERO」の大ヒットからだと思うんですよ。あの映画はいろんな意味で影響が大きかった映画だと思うんですが、「HERO」はある種ファンタジックさがメインで、そこからリアルさを求める武侠映画、CGを駆使してより迫力がある映像にこだわる武侠映画といろんな方向に進んでいったと思うんですが「赤壁」はリアルさとダイナミックさ、そして人間模様を兼ね備えてるなかなかバランスのいい映画かと。「墨攻」もリアルさという点ではよかったんだけど映画としての派手さは「赤壁」のほうなんですよね。

一緒に行った先輩は戦闘シーンがすごくリアルでちょっと顔を背けたといっていたんですが、私的にはジョンウーの割には抑えたなと。それがより大衆よりに近づいてヒットに結びついたんじゃないかな~「赤壁」みて思ったんですが、ジョンウーがこういう武侠映画を撮るなら、ジョニートーが武侠映画を撮ったらどんな感じになるんだろうとふと思ったんですよね。より生々しくリアルな感じになるのかな~ちょっと興味ありです。しかし最後の白鳩は「男たちの挽歌」ファンだったら憎い演出だな~と思うでしょうね。

見た後スカッとして仕事の愚痴で一杯やるつもりが映画の話題で盛り上がり、この映画を観ての結論が「やっぱり男は根性座ってないと!」という結論で締めくくりました(笑)マッコリ5杯飲んで出た結論なんで大してあてにもならないかもしれませんが^^;後編4月って遅すぎだろう~!!一気見したいわ~と思ったほどなんでもう一回くらい行きたいくらいなんですが仕事で私をキレさせてくれればもう一回くらい足を運べるかも。キレるのも悪くないな~なんてね(笑)まだご覧じゃない方、スカッとしたい方はぜひ劇場に足をお運びください!久々に大作という触れ込みだけじゃなく内容にも納得できた映画でした。
[PR]

by inami4009 | 2008-12-10 22:34 | アジア

YAHOOオンライン試写会でアンディ・ラウ主演の『墨攻』見ました☆

YAHOOのオンライン試写会に参加したのは初めてだったんですけど、やっぱり画面が小さいので見づらさはありましたが映画はなかなか楽しめました。今回『墨攻』は漫画も小説も読まず、事前に作品情報をあんまり入れずに見たんですがなかなか面白かったです。詳しい内容は公開前なのでしませんがHPであらすじなど見れますのでそちらを参考にしながら読んでいただければと思います。でもちょっとマニアックな話になってしまうかもしれませんがご了承を。

今回『墨攻』のメガホンをとったのは、亡きレスリー・チャンが才能にほれ込みノーギャラで出演した『流星』という映画の監督だったジェイコブ・チャンだったんですね。『流星』もそうでしたけどこの監督は割と美化した作品作りをしないというか現実を美化しないながらもどこか希望を持たせる映画を作るのがうまいんですが、『墨攻』も同じようなメッセージを感じました。それに『流星』の時もそうだったんですけどあんまり一人の人にスポットを当てないでさまざまな登場人物の心情をよく描いているな~と思いましたね。アンディ兄さんが主演なんですが、アン・ソンギssiにもファン・ビンビンさんにもちゃんとスポットが当たるように作ったのはうまく感じました。アンディ兄さんの主演作てたまにアンディ兄さんの印象しか残らない映画もあるんですけど、この映画はそうじゃなかったです。

特にニッキー・ウーがよかった!!ニッキー・ウーてアジアのエンタメがお好きな方なら名前くらいはご存知かも知れませんが、かつて一斉を風靡したアイドル小虎隊のメンバーであのビビアン・スーとも付き合ったいたなんて話もあったんですが、どうしてもアイドル出身ということがなかなかイメージを脱却できなかったんですけど、この映画の中でのニッキーは渋みがあってなかなかよかったです。

梁の王子役をスジュのシウォンくんが演じているんですが彼もなかなかよかったですよ~顔立ちが韓国っぽくないのもよかったんですが、新人にしては堂々としていてこれから楽しみな人ですね。でもシウォン君アンディ兄さんと並ぶとやっぱり体格差が明瞭に(苦笑)香港でも小さいほうではないアンディ兄さんなのにさすが韓国の男性グループのメンバーはみんな体格がいいです。

そして主役のアンディ兄さんですが、今回アンディ兄さんの存在感が全面にでることもなく革離という人物を丁寧に演じていたな~と感じました。革離て原作では大柄な人らしいですね。でも戦略家として色々策を練りながテキパキ行動に移す姿はアンディ兄さんそのものですよ^^

アンソンギさんもさすがの存在感で、最近アジアの合作映画で各国の役者が揃うことが多くなりましたが、なんとなく違和感があるときもあるんですけどアンソンギさんアンディ兄さんにはそういう違和感は感じなくて、この二人の雰囲気がすごくよかったです。

そしてスー関係ですっかり悪女イメージがついてしまった(苦笑)ファン・ビンビンさん。思っていたよりはよかったかも。やっぱりかわいいんですよね~でもそれだけといえばそれだけのかんじも(苦笑)何か訴えかけてくるものがないというか、ただきれいなだけというか(苦笑)決してスー関係のことで恨みを持っているというわけじゃないんですけど、いい意味でも悪い意味でも中国の女優さんらしいな~て感じです。なんかすごく感想に困る人なんですよね、この人(苦笑)

すごくマニアックな話になるんですが梁の国の牛将軍役が一昔前の香港映画をよく見られた方ならお馴染みのチン・シウホウさんで思わず「なつかしい~!」と叫んでしまったんですが(;^_^Aこの方もさすがなかなかいい味を醸し出していました。

2時間13分で結構ぎゅっと詰め込んだためか、いきなり話が進んでいたり、もうちょっと丁寧に描いてほしいな~と思うところも多々あったけど、事前の知識がなかった私にとっては変に先入観がなかったのがよかったのか楽しく見れました。特に革離の戦略が次々と当たっていくところは見ていて楽しかったです。

でもこの映画は梁と趙の戦いを描いた映画ですけど、派手なアクションを期待されるとがっかりしちゃうかも。最近のアジア映画の傾向で派手なアクションが多い武峡映画が増えてますけど、この映画はその部類に入らない感じがします。今の進歩した撮影技術があったら戦のシーンもきれいにドラマチックに描けると思うんですが、この映画は戦のシーンを決してきれいごとに描いていないのが最近の傾向とは違うな~と感じました。音楽が日本の川井憲次さんだったので一瞬『セブンゾード』と雰囲気が似ているな~と思ったんですが、『セブンゾード』ドニー・イェンのアクションシーンがすごく印象に残りましたが、『墨攻』は戦になってしまったらみんな同じ立場だというのを描きたかったからかなのか誰かが飛びぬけて目立つというのがなかったのが『セブンゾード』と違うところだな~と感じました。私は同じ合作映画でも『墨攻』のほうが好きかも^^『墨攻』は戦いで死んでいった人たちの屍をすごく映していて、戦いが生み出すものは犠牲しかないというテーマを伝えたかったのかな~と思いました。それを前半の戦の場面でのアンディの表情が物語っていると思うのでこれからご覧になる方もそこを見ていただければと思います。

やっぱりこの映画もスクリーンで観るほうがもっと迫力あるんだろうな~また時間ができたら観にいきたいです。でも加瀬さん主演のの『それでもボクはやっていない』も見たいし、友達から借りたDVDやVCDは全然減らないし、シナやトンバン関係もチェックしないといけないし、いくら時間があっても足りないですよ(><;)


[PR]

by inami4009 | 2007-01-27 22:05 | アジア

今年のアジアのエンタメで気になったニュース

昨日のレコード大賞ではうちのおばあちゃんのアイドル氷川きよしくんが大賞を獲りまして、おばあちゃんの部屋からいきなり拍手が聞こえるので何事!?と思ったらデビュー七年目にしてとうとう大賞を獲ったんですよ~まぁ今回はきよしくんしかいないだろう感はあったんですが毎年、毎年今年こそは獲れるだろうと思いながら獲れなかったので、おばあちゃんの喜びも一塩。必死できよしくんのことを話してくれたんですが私・・・レコード大賞まったく見てなかったんですよ(苦笑)えびちゃん、もえちゃんがなんで司会を??と思うくらいレコード大賞のレの字も忘れていました(苦笑)

レコード大賞どころかテレビさえも観ずに何をしていたかというと今年一年アジアのエンタメではどんなニュースがあったのか思い出していたんです。昨日今年を振り返る余裕がないなんて書きましたが、アジアのエンタメに関しては別なんで(笑)思い出すと本当色々あるもので、韓国・香港・台湾それぞれの自分の中でかなり気になったニュースをあげていこうかと思うので少々お付き合いいただければと思います。

まず韓国からですが、ここはシナと東方神起関係のニュースだけでもかなりあるんですが、万遍に書かないとと思いつつやっぱりシナとトンバン中心になりそうな(笑)なるべく色々なニュースをかけるよう努力しますよ。まずは

1.神話(SHINHWA)本格的日本進出&アジアツアー大成功!!
これははずせないですよ~!!シナが日本進出する少し前からシナどっぷり生活を送っていたので日本に来るというのはうれしい反面ビックリというのが大きかったかもしれないですね。来年はいよいよ入隊なんて話もあるから日本に来てくれる機会も少なくなりそうですが、また来年も会える機会があるといいな~そうそうエリックの事故も今年でした。



2.東方神起日本・韓国で大活躍
今年は年末の賞レースもトンバンがほぼ全部さらっちゃいましたが、日本でも『miss you』でオリコン初登場3位は獲っちゃうし、やっと日本での努力が報われだしたかな~て感じですね。来年は日本での活動が多くなるなんて日本のファンとしてはうれしいことなんですが、韓国のファンにとってはちょっと寂しいかもしれないですね。でもトンバンが国を飛び越えて応援してくれる人がたくさんいるからこそのトンバンだと思うので日本と韓国のファン一緒に来年も仲良く応援して行きましょう!

3.イ・ビョンホン東京ドームでファンミーティング
後半にかけてビョンホンssiのことはあまり書けなかったんですが東京ドームでファンミなんてやっぱり前代見物のですよね!来年早々来日予定されているのでまた大きな旋風が起こるのかな~

4・ソン・へギョ初来日
ビョンホンssiネタの次にへギョちゃんのことを書くのはちょっと気が引ける感じもするんですが、へギョちゃん来日は本当うれしかったです☆『秋の童話』でファンになり4年来会いたいな~と思いながらやっと会えたので感激でした☆それもこれも強運の持ち主JUNEさんのおかげです!ありがとうございました^^

5.ウォンビン怪我のため途中除隊

入隊前からビン君の入隊時期は騒がれ続け、やっと入隊し、注目される分怪我のことを隠して入隊して結局除隊という形になってしまったこと本人も相当無念だったはず。批判もあるようですがその批判をいい演技で覆すくらいこれから活躍してもらいたいです。

6.ソン・スンホン・チャン・ヒョク除隊
ビン君とは相対してスンホンssiとヒョクssiが無事除隊されました。入隊の時の騒動をすっかり忘れてしまったかのようなスンホンssiの来日騒動には若干違和感も感じましたが、これからの活躍が本当の意味であの入隊騒動を払拭することになると思うのでがんばって欲しいです。

7.クォン・サンウ日本でのトラブル表面化
これはね~韓流ブームが大きすぎて少し落ち着き始めて今まで表面化しなかったことが一気に噴出してしまったかんじがありますね。サンウssiがどうのこうのじゃなく日本人と韓国人のビジネスに対する温度差みたいなものも影響しているような。こういうトラブルが表面化することで一番悲しむのはファンなので穏便に解決してほしいな~と思いますよ。

8.スクリーンクォーター制縮小問題激化
これも今年のことなんですがすっかり過去のことになっているような。。。でも韓国の映画人にとっては忘れられない出来事だと思うし、来年以降韓国映画にどんな変化があるのか気になるところです。

気になるものを5個くらいだけあげようと思ったんですが、書き出すと止まらず。実は韓国で日本の芸能人の人気が急上昇や日本のドラマや小説のリメイク作のことなど色々あるんですがこの辺で。やはりそれだけ韓国エンタメも色々面白い話題を提供してくれた証拠ですよね。

続いては香港編なんですが香港編は本当に衝撃的な出来事が多かった!!では香港編です☆

1.二コラス・ツェー&セシリア・チャン復縁・結婚
これはね~よかったね!と心からいえるまでかなり時間がかかりました(苦笑)今年一番の衝撃はこのニュースだったかもしれませんね。今は色々なゴタゴタを乗り越えて結婚したんだから幸せになってほしいな~と思います。でも2人というよりも二コが幸せになってほしい!というのが本音なんですがね(笑)

2.トニーレオン『インファナル・アフェア3』以来活動再開
お休み中は果物を買いに行く姿がウォーキング姿しか見れなくてしょうがないな~と思いつつ寂しかったんですが『傷城』から本格的に活動を再開させてくれてうれしいです^^来年は『色戒』や『赤壁』など大作映画の撮影がまっているトニーさん。体に気をつけてがんばってください☆

3.TWINSジリアン・チョン盗撮騒動
これは香港パパラッチの質の低さをまざまざと見せ付けることになったと思いますよ。この騒動の前には彦祖の部屋を盗撮したり側田のゴミを漁って記事にしたり、本当人としてのモラルを欠くマスコミが多すぎるのは香港芸能界にとって頭を抱える問題ですね。

4.ダニエル・ウー初監督作品『四天王』完成
これはALIVEというグループをこの映画のために結成して、この映画のためにケンカ騒動なども巻き起こすなど色々な意味で衝撃的な作品で香港芸能界に一石を投じた作品だと思いますよ。マスコミは批判したけど彦がいつもマスコミにやられていることを考えればね~これぐらいやっても全然大丈夫だと思いますよ。この映画のために結成されたALIVEはこの年末に正式に解散しました。

5.イーキン・チェン・ジジ・リョン破局&長年付き合ってきたカップルのゴールイン急増
年明け早々驚かせてくれたのがイーキン&ジジの破局。この2人いつ結婚してもおかしくないと思っていたんですが長すぎた春というのはこのことだったのかもしれませんね。でもお互いもう新しいパートナーが出来たようなのでこれも一つの大きな経験としてがんばってほしいです。そしてこの2人とは対照的だったのが長年付き合ってきたカップルのゴールイン。アニタ・ユンが結婚・出産したり、ハッケン・リーが結婚したり香港明星の大御所たちの結婚が相次ぎました。次はトニーさんかな~でもアンディ兄さんもそろそろそういう話が出てきてもいいんじゃないでしょうかね。

香港芸能界も色々ありましたね~でもどれもこれもかなりのインパクトがあるのが香港芸能界の魅力かも。来年もうれしい衝撃を与えてください☆

そして台湾編なんですが台湾編まで書くのかよ!という声も若干聞こえるような気がしますが(笑)書きますよ~それでは台湾編もお付き合いください^^

1.F4久しぶりに4人揃ってコンサート&日本公式ファンクラブ解散
香港でコンサートを行ったのも今年だったんですよね~参加できなかったけど久しぶりに4人揃った姿に日本にいながら熱狂でした。そして日本FC解散。。。これはまだ納得してない部分が多いんですが、来年こそはもう少し4人揃った姿を見たいと思うんですがね~そうそう関西のスー迷に朗報が!テレビ大阪で月曜深夜にやっている『C-POPWORLD』の次の番組が『貧窮貴公子』になるようですよ~山田太郎ちゃん役の仔仔好きなのでこれはうれしい!やっぱり色々きついことも書きましたがスー迷としての血が残っているんですよね。

2.ジェイ・チョウ日本初コンサート
これも参加できませんでしたがジェイ迷成り立てでこのコンサートはうれしい!の一言でしたね。ジェイも日本コンサートやるのが夢だったなんてうれしいことをいってくれましたが、ジェイの世界観をもっとたくさんの日本の人に知ってもらいたいのでぜひまた日本でコンサートやってほしいんですが次のコンサートは2008年なんて噂も。。。そんな待てないよ~コンサートじゃなくても日本にプロモーションに来てほしいです☆

3.チェン・ボーリン本格的に日本進出
ボーリン君出演の公開作が相次いだ今年ですが、来年はなんと月9に出るとか!前々から噂はありましたが『東京タワー』のキャスト欄にボーリン君の名前がなかったので結局噂どまりか~と思っていたらもこみち君の友達役で出演決定だそうです!スタイル抜群なもこみちくんに対抗できるのはもう日本の芸能界にはいないですもんね。ボーリン君人気がますます高くなりそう。

4.大物カップル続々誕生
仔仔・大Sにはじまり台湾芸能界もアツアツカップルがたくさん誕生した一年でしたね。タミー・チャンとリー・ウェイの話が出たのも今年でした。あと5566のザックスが出来ちゃった婚!まだ結婚はしてないようですが人気アイドルが出来ちゃったといえばキ○タクを思い出して、ちょっとビックリしました。

5.台湾芸能界にも麻薬汚染


日本でも麻薬は問題になっていますが台湾でも同じようでこの麻薬汚染は芸能界にも広がっていたようです。少し前に何人かの芸能人が麻薬使用疑惑をかけられ自ら使用を認めるなんてことがありました。一般人も芸能人も麻薬に手を出すことで失うものが多いということをもっと自覚してもらいたいです。

自分の気になるアジアのエンタメニュースをづらづらと書いていきましたが皆さんのアンテナに引っかかったものは何かありましたか??私の場合アンテナに引っかかりまくりでこのようにミーハーな人間になってしまいましたが(笑)来年もこのミーハーは治ることはないと思うので色々追いかけて行きたいと思います!またこんな私にお付き合いいただければ幸いです。

[PR]

by inami4009 | 2006-12-31 15:49 | アジア

花粉症も吹き飛ばす2大いい男二コラス・ツェー、リュ・イエ祭り♪

とうとう本格的な花粉症の季節が到来し、毎日、毎日気が重いです。。。普段回らない頭もよけいに回らず日々の生活にも支障が出てきているんですが、そんな私を心配していつも香港・台湾・中国関係のDVDやVCDを貸してくれる友達が『無極』でもみて元気になりと『無極』のVCDを貸してくれたんですよ~結局『無極』は1回しか見に行くことができなかったので久しぶりの無歓さまにかなりテンションがあがり、リュ・イエくんの熱演に感動し花粉症の症状が軽くなったかもと思う単純な人間です(笑)一回目見たときはこの映画なんじゃこりゃ~!!て感じたりもしたんですけど、2回目はさすがに笑うこともなくより役者さんの演技に集中して見れました☆そしてやっぱりダントツはニコイエ君ですよ~やっぱりこの2人がこの映画を引き締めていますね~この2人を見てすっかり幸せ気分になったので突然ですがニコイエくん祭りをしちゃいたいな~と思い立ちやっちゃいます!同じ花粉症に苦しまれている方(ぼちさん見てくれてますか??)もニコイエ君みて少し癒されませんか?また花粉症じゃなくても日ごろの疲れている心をニコイエ君をみて癒しましょう~!ニコの画像は『無極』無歓さま中心に集めました☆イエ君の画像はちょうど中華系の記事でイエ君特集をしていたのでそれ中心でUPします~☆やっぱり『無極』でのイエ君はメイクでかなり損しているので、こんなにかっこいいんだよてところを見てもらいたいです~☆PCのデータ移動もまだちゃんと終っていないのになにやってんだろう~て感じもしますが、花粉症にやられた自分の重い体を少しでも立ち直らせるためにやっちゃいます^^それでは花粉症も吹き飛ばしてくれるくらいいい男のニコイエ君祭りはじまり~はじまり~



何から何までパーフェクト!!美しすぎるよ~ニコ~やっぱり好きだな~



<

やっぱり目力がある人に弱いな~悪イエくんてかんじですけどこんなかんじもいいですよね~


やっぱりこの指差し棒ほしかったな~私がこの映画の関係者なら絶対グッズで作りましたよ~これで無歓ごっこしたかったかも(笑)私と一緒に無歓ごっこしたい人ニコの指にとまれ~♪


犬をも手なずけるイエ君。この雰囲気のイエ君なら手なずけられる犬の気持ちがわかるかも(笑)





グッドポーズの無歓さま。こんなにクールでかっこいいあなたにグッドサインを出しますよ(笑)




身長があるのでどんなポーズをとってもさまになるんですよね~そして個人的な黒スーツを着られちゃうとますます参っちゃうな~





『無極』無歓て孤独が極限に達し悪に転じてしまったキャラクターですよね。ニコもこの若さで色々経験してきたからこそこの無歓を完璧に演じきることができたんじゃないかな~と思います。この画像のニコを見ても孤独がにじみ出ているな~





イエ君なら撃たれてもいいと思っちゃうのは不純すぎるでしょうか(笑)でもこんなかっこいい人が狙いにきたら身の危険よりもキャ~キャ~言っちゃうかもしれないミーハーちゃんです(笑)



いかがでした??ニコイエ君祭り。やっぱりこの2人のことに関しては冷静に語れないです。まぁ他の好きな人のことでも冷静に話せる自信はありませんが(笑)でも『無極』また見ちゃうとね~このニコイエ君熱は下がりそうにないですよ~また花粉症を理由にやっちゃおうかな~なんて言ってみる(笑)アメブロの画像容量が増えたようで祭りし放題になりそうなんですよ~F4祭りトニーさん祭りなどまだまだやらないと。なんて勝手に使命感に燃えている祭りバカロコモコをこれからもよろしくお願いします^^


[PR]

by inami4009 | 2006-03-16 20:58 | アジア

『無極ーThe PROMISE』を観てきました☆

いつもブログの記事やネット新聞の記事を書くときはある程度頭の中で構成ができると早いんですが今回は本当になかなかまとまらなくて大変でした(^_^;それは水曜日に観てきた『無極』の感想なんですよ~もともと好き勝手に書くのが好きな私はドラマや映画のあらすじを書くのが苦手なんでそれも原因の一つだと思うんですけど今回の映画ほど何を核にして書けばいいのか迷ったのは初めてかも(汗)まず面白かったか、面白くなかったかと聞かれれば面白かったですよ~色々な意味で。でもなんだろう~心から面白い!!とは言えないかも。。。でもこの映画は出演者にかなり助けられましたね~特にニコラス・ツェーリュ・イエくんがダントツよかった☆☆


この映画の中でのニコのクールさはかなりいいですね~悪役ながらも目で追っちゃうのはやっぱりニコ(笑)あのニコの美しさはやみつきになりますよ~色々ありながらもニコは本当にいい役者になったな~と感動してしまいました(;_;)アジア各国の一流の役者の中でも堂々と存在感を見せたニコ、首を絞められた時の目が充血しているニコも一流の役者としての心意気を感じさせてよかったな~あとあの指の差し棒!!あれ映画館でグッズとしてあったらほしかったかも(笑)真田さんがこの映画はニコの映画だと言った意味がようやくわかりましたよ~アクションもスタントなしでこなしたニコに拍手です



そしては私の中でこの映画のニコに次ぐ主役はリュ・イエくんだと思います。あれだけ恐いメークをさせられながらもさすがの一言です!あの死ぬことを恐れた怯えた目、あれをできるのはイエくんしかいないですね~最後ドンゴンssiに赤鎧を渡すシーンは切なすぎる~あんな瞳をできる役者が日本にもいればまた状況は違うだろうな~


あとドンゴンssi真田さんもよかったですよ!ドンゴンssiの涙を流すシーンはさすが涙を流すのがうまい韓国スターだと思ったし、やっぱり目力があります。真田さんも北京語本当に上手でしたね~違和感なかったです。そしてさすが元JACだけあってアクションのキレがいい!!あのお年であれだけのアクションができて情感のこもった演技ができる人なんてなかなかいないですよ。日本代表としてさすがだと思いました。そしてヒロインのセシリア・チャン。彼女香港の女優さんの中でもかなり好きなんですけど今回これだけの男たちを魅了するだけの説得力が欠けていたような。。。あの白塗りメークがかなり損してるかも。満神役チェン・カイコー監督の奥さんのチェン・ホンさんのほうがきれいと思ったのは監督やっぱり奥さんをきれいに撮りたかったのかな~それにセシリアの吹き替えの声がコロコロかわりすぎ!!え、また違う!?とずっと考えていましたよ。ストーリーはやっぱり穴が多いようなかんじが。。。それにCGを登用しすぎだと思う。最初のドンゴンssiと水牛のシーンは一瞬チャウ・シンチー映画を観にきたのかも!?とさえ思ってしまいました(笑)そう思っていたらやっぱり『少林サッカー』と同じCGスタッフだったんですね~これで納得。この映画は観ている間になんで??どうして??え~!?と疑問符があふれてくる映画でその疑問符をどれだけ頭の中で払拭して映画に入り込めるかで楽しみかたが変わってくると思います。役者さんの演技はすばらしいです!!でも『さらばわが愛』で泣かされた者としてはチェン・カイコー監督いったいどこいきたいの~!?てかんじです。



自分でこの記事を読みなおしてみたんですけどこの映画の内容が全然わからないですよね(汗)でもはっきりいってこの映画どういうことがいいたかったのかわからなかったんですよ~運命は変えられるということをいいたかったんだとは思うんですがあまりにもつっこみどころが多すぎて監督の意図が見えにくかった。。。でも嫌いではないです!それはやっぱりニコイエくんがよかったので(笑)もう一度観てみたい気もするけどそれよりもメイキングが観てみたいかな。


今回はこの2人にやられました☆このツーショットめずらしいですよね~この2人を観に行くだけでも価値ありだと思いますよ♪そうそう関西地域では『無極ーTHEPROMISE』のメイキング特番が明日2月19日午後12時30分から13時までサンテレビで放送があります。映画で疑問に思ったところもこのメイキングを見て理解できるといいな~なんか 色々キツイことも書いてしまいましたが結構クセになる映画かも^^だってこの映画を見てすぐに『美しき野獣』を観にいこうと思っていたんですけどあのニコのかっこよさの余韻に浸りたくてまだ『美しき野獣』を観にいく気になれないんですよ~やっぱりニコ好き好き病はかなり重症です(笑)


[PR]

by inami4009 | 2006-02-18 12:01 | アジア

『プロミス無極』特番を見てやっぱりあの人がいない。。。

今日の『プロミス無極』特番は全国放送だったのかな!?関西では午前10時台というやけに早い時間に映画の特番を放送していたんですけど、この『プロミス無極』の特番を見て思ったのは、中国の映画館で観客が爆笑したという記事を読んだことがあったんですけどその意味がようやくわかったような気がします。まぁ大人のファンタジー映画と銘打っているので多少不思議な部分があるんだろうな~とは思っていたんですがCG技術が発達したせいか技術の進歩がときに笑わせようとしていいなくても笑っちゃうかんじに仕上がるんですねー友達もこの映画を見て笑ったといっていたのでなんとなくその気持ちが今日の特番を見てわかったような。でもちゃんと全編見てみないことにはわからないですもんねーそれにしてもチェン・カイコー監督の今までの作風とはまったく違う感じがするんですけど、中国の監督はやはり一度は武侠映画みたいな大作を撮ってみたいのかな~なにわともあれ私はやっぱりこの作品楽しみですよ!大きなスクリーンでぜひ見てみたいと思ってます。

今回の特番でやっぱり抜きん出てよかったのはニコラス・ツェー!!映画の中でもかなりいい味出しているともっぱらの評判だったので楽しみにしたいたんですけど、メイキング見ただけでかっこいいのがわかりましたよ!悪役ができてこそ一人前の役者と思っている私にとってはニコの悪役姿はたまらないです。紆余曲折ありながらもニコはすばらしい役者になったんですよね~なんかえらく感慨深くなってしまいしたが(笑)映画公開前に絶対ニコ祭り実現させますからよ!!ニコのかっこいいよさをもっとたくさんの人に知ってもらいたいので。そしてこの『無極』にはもう一人忘れてはいけない人がいますよね!そう!リュ・イエくんですよ~今回の特番になぜイエ君の名前も出なかったの!?確かに主演級ではないかもしれないけどイエ君もいい演技していると評判なんですよね~なのに全然出てこなくてかなりガックリ。。。なんとなく予想はしていたんですけどせめてメイキングで姿を確認できると思っていたのに~これだから日本のテレビ局が作るこういうアジア映画の特番て知名度優先なんで時々ガックリときてしまうんですよ~まぁ『無極』の中でのイエ君はかなり恐いメークみたいですけどいい演技していることは変わりないんだから名前くらい出してくれてもよかったのに。。。今日朝からかなり悶々としていたのでここで書けてスッキリしました!!日本にもたくさんのイエ君ファンがいるんだからもうちょっと配慮してほしかったよ~テレ朝さん!!多分イエ君ファンなら私の気持ちわかってもらえますよね?? 
[PR]

by inami4009 | 2006-02-04 21:30 | アジア

『無極ーThe PROMISE』のHPに意義あり!!

年が明けてからずっと楽しみにしているのが真田広之さんチャン・ドンゴンssiセシリア・チャン二コラス・ツェーリュ・イエなどアジアのオールキャストが勢ぞろいした『無極ーThe PROMISE』の公開なんですけど、公開も近づいて日本版のHPもできたんですがこのHPに意義あり!!出演者の紹介が真田広之さんチャン・ドンゴンssiセシリア・チャンだけでニコイエくんの紹介がない!!なんで~!!彼らも主要キャストなのに~こうなってくると日本公開での2人の扱いが心配。。。ここではこの2人のかっこよさを前面に押し出していきたいと思ってます!!本当に腹が立ったのでイエ君のかっこいいショットで自分を慰めようと。


夕日の中でのバスケショットいいですよね~確かに『無極』でのイエくんはかなり恐い感じでこんなにさわやかではないかもしれないですよ!それは認めますよ!でもでも演技力は本当にすごいんだからそこのところを日本のマスコミは強調して扱ってほしいな~


[PR]

by inami4009 | 2006-01-09 18:09 | アジア

今年のアジアのエンタメ10大ニュース

今年一年も残すところ一日となってしまいここ何日かは自分で色々振り返ってきましたが、アジアのエンタメ好きを自称しているものとしてアジア各国で起こった自分の中で印象が強かったものを10大ニュースとして挙げてみようと思いました。これは私個人が印象深いものなんで人それぞれによって違うと思いますので、こういうこともあったよ!と思い出したら教えてくださいね!

1.F4旋風到来
昨日も書きましたが今年一年は迷にとっては盛り沢山な一年でしたね。来年も今年以上の動きがあるといいな~

2.インファナル・アフェア終極無間公開ついにシリーズが完結。
思い入れが強い作品だっただけに終わってしまうのがおしいな~とさえ思ってしまいましたよ。これだけ完成度が高いシリーズはめずらしかったし。公開に際してはトニー・アンディーが来日。ここにレオン・ライもいてくれたらな~て思いましたよ。

3.トニーレオン香港電影金像奨受賞
『2046』での演技が認められての受賞。4年間の努力の甲斐があった瞬間でしたよね。そしてこの授賞式でトニー・チャウ・シンチー・マギー・チャンの豪華3ショットが見れたのはうれしかったな~

4.ウォンビン、ソ・ジソプ、チソン入隊
韓国では入隊は国民の義務なので仕方ないと思いつつ大好きな人が行っちゃうのは寂しくて。。。特にウォンビン入隊は個人的に思い入れが強すぎて涙でした。

5.ジェイ・チョウ来日、日本デビュー
ジェイ迷歴は浅いんですけど『頭文字D』での来日で完全ジェイ落ちしちゃいましたね~来年は日本でのコンサートもあるしますます期待しちゃいます☆

6.ピ(RAIN)、リュ・シウォン、パク・ヨンハ武道館でのコンサート開催
数年前には韓国人アーティストが武道館でコンサートするなんて考えられないことですよーコンサートには参加できませんでしたがなんか感慨無量でしたね。

7.エディソン・チャン、チャン・ツィイー日本映画界進出
今年後半はえぢにやられた~てかんじでしたね。『同じ月を見ている』えぢがあそこまでやってくれるとは思ってなかったのでビックリ!!これからも香港映画でできない役柄を日本映画で挑戦してほしい。そして今やハリウッド女優となってしまったツィイーちゃんも日本映画にでていたんですよね~でもなぜツィイーちゃんがあの作品を選んだのかがわからないけと。。。

8.チャウ・シンチー監督・主演作『カンフー・ハッスル』元日公開
2005年はこの映画からはじまりました。シンチー映画で初笑いができてよかったな~と思いましたよ。シンチーのこだわりが満載ですごくおもしろかったな~『カンフー・ハッスル2』の撮影にもう入っているなんて話もあるけど詳しい話が入ってこないんですよね~ヒロインは誰になったんだろう!?

9.フェイ・ウォン結婚・妊娠
二コラス・ツェーと付き合っていたときから色々マスコミの餌食にされていたフェイだけど結婚した後もその生活は変わりなし。中華圏のマスコミの品位のなさには呆れるばかり。新居を隠し撮りまでしちゃうのはちょっと。。。パパラッチに負けずに幸せになってほしいな

10.イ・ウンジュ自殺
韓国の女優の中でもこれからが期待される人で演技力もあった人なんで本当に残念でした。いまだになぜ??という思いが強いんですが今はただ安らかにという気持ちでいっぱいです。

というわけで10個ニュースを挙げてみましたがまだまだたくさん色々あったんで絞るのに苦労しましたが今年1年もやっぱり色々なことがありましたよね~来年もミーハーに色々追い掛けちゃうのは間違いなさそうです(笑)
[PR]

by inami4009 | 2005-12-31 12:54 | アジア

リュ・イエ祭り♪

前にちょろっと予告してたのをみなさんは覚えているかな~リュ・イエくん祭りをしたいな~なんて言ってたことを。実はいつもお世話になっているぼちさんからイエくんのかっこいい写真をメールで送ってもらってまたまたイエくん熱が急上昇してしまいこれはやっぱり祭りだな~と思い、リュ・イエくん祭りを始めちゃいたいな~と思います♪イエくんとの出会いは友達からかりたVCDで『山の郵便配達』を見たのが最初でこの独特の雰囲気がある人誰?と思って友達にイエくんのことを教えてもらったのが最初でした。そしてやっぱりイエくんを語る上で忘れてはいけない『藍宇』でのゲイという難しい役を完璧に演じていたイエくんの演技力に感動してしまい完全落ちしてしまったんですよね~そしてここによく遊びに来ていただいているぼちさんからイエくんの魅力をまた教えてもらってやっぱりいい!!と思って今に至っています。トニーさん、仔仔もそうなんですけど私、ただずまいのきれいな雰囲気を持っている人に弱いみたいです(^^;;最近のイエくん『無極』のプロモーションに追われてますが日本にも絶対来てほしい!!そしてイエくんの迷がもっと増えてほしい!!でも『無極』のあの役はビックリしちゃう人も多いかもしれないけど、いつまでもチャン・ツィイーちゃんの同級生ていう肩書きで呼ばれるんじゃなくて、リュ・イエの同級生はチャン・ツィイーて言われるくらい日本での認知度が上がってほしいな。皆さんはどんなクリスマスイブを過ごされているかはわかりませんがイエくん祭りでかっこいいイエくんを見てあったかい気持ちでイブを過ごしてもらえればな~と思います♪ロコモコサンタがイエくん祭りをクリスマスプレゼントとしてお届けします~☆イエくんをあまり知らない人にも少しでもイエくんの魅力を知ってもらえるといいな~それではリュ・イエくん祭りはじまり~はじまり~

c0062102_1341598.jpgイエくんというと私のなかではたたずんでる姿がすごくいいな~と思うんですよ!この若さでこれだけ雰囲気のある人てめずらしい!!この孤独を背負ってるかんじがなんともいえないんですよね~








c0062102_1351861.jpg
『藍宇』での共演者胡軍と。この2人だから『藍宇』の世界観が出来上がったんだと思います。ゲイの役て絶対最初は躊躇しちゃうと思うんですけど、この2人は男とか女とかの性別関係なく人間対人間としての愛をすごくうまく表現していたんですよね~イエくんにしては珍しくポーズとってるところが気心知れた胡軍とだからかな~


c0062102_1362596.jpgぼちさんにいただいた『インファナル・アフェアⅢ』でレオン・ライが演じたヨン様風ショット。ぼちさんからイエ君写真集にヨン様風ショットがあると聞いてどんな感じなのなのかな~と思っていたんですけど本当に似てる!!それに思っていた以上にかっこいい~♪♪








c0062102_1372010.jpgやっぱりこの雰囲気大好き☆☆孤独が表現できる人が本当の役者だと思っているのでイエくんはまさに役者になるべくして生まれてきた人ですよね~






c0062102_1383690.jpg『無極』ではちょっと恐い役をやっているイエくん。こんな姿のイエくんもいい!!と思っちゃうのはかなりイエくん中毒かな(笑)でも最初に見るイエくんの姿がこれだったらちょっと抵抗があるかも(苦笑)




c0062102_1394991.jpg『無極』の北京プレミアでのイエくん。いつも服はちょっと微妙(笑)なこともありますが、このイエ君のチャイナ風のスーツなかなか似合ってますよね~『無極』のプロモで大忙しだけど体だけには気をつけてね~そして絶対日本にも来て下さい~!!真田さん何が何でもイエ君連れてきて~!!(←真田さんに頼んでもしょうがないかもしれないけど(笑))






いかがでしたか??イエ君祭り♪自分でやっておきながらかなり大満足です(笑)中国映画界のこれからを背負っていく人なので知らなかった方も絶対目をつけておいたほうがいいですよ~て私はなんでもかんでも目をつけすぎかも(笑)でもまだまだイエ君の色々な画像を持っているので来年もイエ君祭り第2回目ありかな!?(笑)トニーさん祭りといい色々な祭りをやりすぎなのはわかってます(汗)でもついついやっちゃうんですよね~来年も祭りバカな管理人ですがよろしくお願いします♪
[PR]

by inami4009 | 2005-12-24 13:10 | アジア

チャン・ドンゴン、真田広之主演アジアのオールキャスト総出演『無極―THE PROMISE』

c0062102_15152683.jpg
今日は朝からかなりルンルンでした♪真田広之さん、チャン・ドンゴンssi、ニコラス・ツェー、セシリア・チャン、リュ・イエなどアジアのオールスター勢揃いの大作『無極―THE PROMISE』のプレミアが北京で行なわれました!これだけのスターが揃って出席したのでプレミアは大成功!!キャストも久しぶりにみんな揃ったことを喜んでいたようですよ~真田さんはもう貫禄てかんじなんだけどドンゴンssiは韓国では『タイフーン』の公開に追われている中に『無極―THE PROMISE』のプロモーションもあって大変ですね~でも相変わらずかっこいいですけどね(^-^;そしてニコもかっこよかった~!!ニコも他の映画のプロモと重なって大変そうだけどやっばりニコの姿を見れるのはうれしいよ~プレミアの時のタキシード姿がよかったです~あと今回イエくんの姿を見れたのもうれしいな~最近またイエくん作品を見なおしていてやっぱりいい!!と思っちゃっているのでうれしいです~記者会見で日本のカメラにポーズをとるときに真田さんを中心にポーズをとろうとした時にイエくんが周りを気遣いながらしゃがむ姿がかわいくてツボに入っちゃいました☆プレミアの時のチャイニーズ風のスーツも似合ってたし、さすが中国でベストドレッサーをとっただけある。プレミアにさきがけて前日に万里の長城に登って映画の成功を祈ったそうです。余談ですが噂の元カップル、ニコとセシリアですが色々書き立てるのを嫌がって常に距離を置いていたようです。長城の登山の際もセシリアドンゴンssiや真田さんに常についてまわってたみたい。もういいかげんそっとしといてあげてほしいな~話がずれてしまいましたがこの『無極―THE PROMISE』日本公開は2月だそうですがぜひこのオールスターで来日してほしい!!

今日もネット新聞に記事を掲載していただきました☆今日のテーマは韓国人の記念日好きのことに関してです。ここ で読めますので読んでいただいてぽちっと投票なんてしていただけるとうれしいです♪
[PR]

by inami4009 | 2005-12-13 15:10 | アジア