やっぱり帰る場所はユ・ヨンジンか

トン4集で「悪女」という曲が私的にかなりビビビときたとお話したと思うんですがこれまたこの曲の作詞作曲がユ・ヨンジンさんでやっぱりユ・ヨンジンラインが好きなんだとあらためて実感を。「MIROTIC」も好きなんですけどインパクトがね~私的には足りないかと。それにダンスはやっぱりA to Zが振りをつけてくれたほうが華があるんですよね~まぁ似たり寄ったりのマンネリ化を避けるためだとは思うんですが結局ユ・ヨンジン作品が好きなんですよね。ってユ・ヨンジンって誰?と思われている方もいるかもしれませんのでここでプチ解説を。

もともとは歌手なんですけど今はSMエンタにとってはなくてはならないクリエーターでSMの歴史を作ってきたといっても過言ではないほどたくさんのヒット曲を出してきた人なんですよね。ここで彼の作品を少しご紹介を。

まずはやっぱりH.O.T作品では代表曲はほぼヨンジンさんの作品です。


H.O.Tデビュー曲「戦士の末裔」かなり社会風刺が効いた曲でインパクトはあったんですがなかなか大衆よりではなかったのですぐに活動曲を「CANDY」に変更したという経緯があったそうです。


トンも歌った「we are the future」ヨンジンさんの曲。この最初の出だしのインパクトがヨンジンさんはうまいんですよね~


「ヘンボク」ヨンジンさん作品って上の2つとはまったく色が違うものも作れるんですよね~こんなにかわいい曲からハードな曲まで幅広すぎる。話変わっちゃうんですがうひょくがやっぱりかわいいな~今度「ヘンボク」だけ集めた特集しようかしら(笑)



ピアノの旋律から始まる「Line Up !」もとっても新鮮で今聞いても新しく感じるのがすごいな~と。それにしてもうひょくのきのこちゃんが♡ってどんどん話がずれてすみません^^;


クラッシックをアレンジした「I yah!」の斬新さって本当にすごいよね~うひょくも一生懸命叫んでいるのでそこもチェック(笑)

えちょだけでもこれだけあってシナトンにまでたどり着けるんでしょうか^^;



どんわん曰くヨンジンさんの作品なんだから必ずヒットすると思ってたのにそうでもなかった「解決士」。でも今聞くといい曲なんですけどね~ちょうどえちょ全盛期のときだったのでこの曲はちょっとインパクト的に弱かったのかも^^;


これまた「CANDY」のかわいさを狙ってきたのにのちにえんでぃが語っていましたがこの曲が発売された年水難事故があったのにこの歌詞の中に水遊びしようとあってヒットしなかった「うしゃうしゃ」。ヨンジンさんもえちょであれだけヒット曲を出してきた中でこの誤算はなんでだろう!?と頭をひねっていたのでは(苦笑)


私がシナの中でも上位に来る「千日有魂」もヨンジンさんの曲らしい。本当ここまでくるとただただ感嘆の声しか出ないな~


ひょっとしたらH.O.Tの曲になっていたかもしれない「T.O.P」もヨンジンさんの曲。このインパクトのあるメロディラインが耳に残るんですよね~







あまりにすごすぎて息切れしてきたので一気に「ONLY ONE」「WILD EYES」「Perfect Man」のご紹介を。やっぱりシナの代表曲はほとんどヨンジンさん作品でいまだに尊敬する人にヨンジンさんをあげてるのがわかりますよ~シナの歴史を一緒に作ってきたんですもんね。ちなみに最後の「Perfect Man」の映像は私が今更かなり行きたかった~!と思っている2003年のBUZZ ASIAのもので安室ちゃん、JTL,ヴァネが一緒の出てたときのものなんです。

まだまだあるあるヨンジンさん作品。次はアメリカ進出を宣言したBoAちゃんの作品。



デビュー曲「ID」もヨンジンさん作品なんですよね~ちなみにヨンジンさん曰く曲の理解度が一番早かったのがBoAちゃんだそうです。いっそのことアメリカ進出するための曲もヨンジンさんが作ればよかったのに。これで成功してこそ本当の意味での成功といえると思うんですけどね。


力強さを感じさせる「Girls on Top」もヨンジンさん作品だそうです。ホントどんだけ才能あるんだよってくらい曲生み出しまくりでしょう^^;

もうトンはいいでしょうかね~ってせっかくここまできたので代表曲だけどでも
いわずと知れた「ライサン」です。


私がトンを気になりだしたのがこの曲からだったので思いいれもあるしやっぱりね~このダンスは一度生で見てほしい!ホント感動しますよ!しかし日本語バージョンがまったく詞が変わっちゃってるのがいまだに納得いかないんだけど^^;



今年のコンサートで「O 正.反.合」をやらなかったのが残念でしたよね~これも生はすごいのよ!ってそればっかり(笑)ちなみにこれはユノメインで作られたという説があり、オープニングのユノっていってるのもそれを象徴してるかと。3集活動中ユノが嫌がらせを受けて歌番組に出れなかったときはユノのパートはしあが担っていました。まぁ緊急事態に対応できるのはあの中ではしあしかいいないと思うんですがそのときのしあバージョンも今考えればなかなか貴重だったんですよね。


あまりに量が膨大なので記憶がどんどんあいまいになってきてるんですが「The Way You Are」も確かヨンジンさんの作品でしたよね!?このころのしあの獅子系の髪が何気に好きだったりするんですが、今のモリよりいいなんて言ったら怒られるかな(^▽^;)この曲はね1stコンで聴いた時ステージの左右に動くんですよ、スタンディングだから動くと本当に近く感じて来た!来たなんていいながら興奮しまくってたのが思い出されますね(笑)


これはあえて日本語版のほうを。ってもともとは日本発売用なので日本語のほうが正規なはずなんですがどうも「とうほうしんき」ではなく「トンバンシンキ」の曲なんですよね。それもやっぱりヨンジンさんの曲だからなんですが最近この曲が発売された過程の話を聞いたんですがまたまたすまんがやったんですよ!って何が?って感じですが、毒を含むのでどこかでこそっとお話します(苦笑)

ここまできたらすじゅも行くか!って本当にどんだけあんのよ、よんじんさんの曲。ワーカーホリックなんだろうな~ヨンジンさんって。



ここまでヨンジンさん作品を聴いてもらったらこの「TWINS」はヨンジンライン全開って感じしないですか?この力強さみたいなものがはまると抜けれないのかも。


「Don't Don」でのすじゅの変わりようにも驚きましたよね~特にソンミンがどうなるかと心配しましたが今じゃすっかり元通り^^この曲もヨンジンさん独特な節回しでとてもじゃないけど私の韓国語能力では訳せない^^;

これで終わりにしようかな~と思ったんですがもう一曲だけ。


「ヌナは美しい」でデビューしたSHINeeなんですがこの曲ではまったく評価しなかったんですが「The SHINee World 」を聞いたときにこれを最初に聞いてたらすぐに堕ちてたな~と思ったらこれもヨンジンさんの曲で、どんだけヨンジンさんの思うツボなんだよってかんじ(笑)

あ~疲れた。でもヨンジンさん作品のうちここにアップしたのはほんの一部でまだまだたくさんあるんですが・・・もうこれが限界です^^;でもいつかヨンジンさん作品を集めてみたいと思っていたので楽しかったですけどね。そうそうヨンジンさんという名前は知っていてもヨンジンさんの顔を見たことがない人もいると思うのでこちらをどうぞ☆


えちょもシナもSESもいたときのSM TOWNの「ジングルベル」なんですがここで途中キャップをかぶって歌ってるのがヨンジンさんです!歌手だけあってやっぱり歌もうまいですよね~でもやさしそうな感じなのにあんなハードな曲が作れるってすごいな~SMのお抱えみたいになって本人はよかったと思っているのかどうかはわかりませんがこの才能はやっぱりすごい!これだけの名曲を残せる人のソロCDを聞いてみたくてこの記事書いてる勢いでぽちってしまいました^^;なんかえちょやしなやトンやすじゅにどっぷりはまったのというよりもヨンジンさんにはまったといったほうが正しいのかも(笑)
[PR]

by inami4009 | 2008-10-04 23:14 | 日記