ネット記者を続けるべきか、やめるべきか

ここによく遊びにきていただいている方ならご存じの方も多いと思うんですが私はツカサネット新聞というところでネット記者をしていて月に5.6本記事を掲載してもらっているんですがこの前そのネット新聞の編集部の方からメールをいただいたんです。突然のメールに驚いてなんかヘマしたかな~!?と思ったんですけどそうではなくて来月からネット新聞の形態がかわることのお知らせだったんです。今まではネット新聞に記事を投稿したら編集部が記事を確認して構成しなおしたりして掲載されていたんですね。でも来月からはその編集部での確認の行程がなくなり投稿された記事はどんな記事でも掲載されることになりネット新聞というよりも掲示板のような形になるようです。この変更に関しては編集部の方もかなり反発していてそれでも上からの命令でかわってしまうことになってしまったことを残念がられていました。私の書いた記事はあまり編集部の方の手が加わったことはなかったんですが確かにせっかく書いた記事に手を加えられてしまうことを嫌がる人もいたそうですが、私はプロの視点で文章の構成をチェックしてもらうというのは必要なんじゃないかなと思ってます。ましてたくさんの人に読んでもらうんだから客観的な視点は時に書き手の暴走や中傷行為の歯止めになるのではと思うんですが編集部がなくなってしまったらもしこれらの行為が起こった場合誰が自制するのかなーと思うと不安になります。

去年の8月に編集部の方から記者のお誘いを受けてはじめたネット記者ですが、最初はこれでいいのかな??と不安の連続だったんですけど私の記事を読んでいただけるのがうれしくて今まで続けてこれました。でも今までとは違うネット新聞の形態になってしまうと自分の表現したかったこともちゃんと書けなくなるのではと思ってしまいます。ネット新聞ではブログとは違ってアジアのエンタメに興味がない方も読まれるのでなるべくわかりやすく丁寧に記事を書いてきたつもりです。それが大変だと思ったこともあったんですけど今では少しでもアジアのエンタメに興味を持ってもらえるきっかけになればと思いブログとはまた違うやりがいをかんじていたんですけどね~正直に言ってネット記者を続けるか迷っています。。。やりがいも感じていたし続けたい気持ちもあるんですけど形態がかわることによって別の方向に行っちゃうんじゃないかなーと不安なんですよ。でももし私の稚拙な記事でも少しでも楽しみにしていただいている方がいるなら続けたいな~とは思っているんですけど今は揺れ動いています。まぁどんな形にネット新聞がかわるのか見届けてから決めればいいと思うんですけど、ここ最近悩んでいたので思わずここに書いてしまいました。ネット記者を始める時もここのお客さまに応援していただいてやり始めたのでその期待になるべく応えたいと思っていたんですけど期待にまだまだ応えられていないのにやめちゃうのもな~と思って悩んでます。
[PR]

by inami4009 | 2006-01-28 13:00 | 日記