『八月のクリスマス』を見てシム・ウナssiを思い出す。

c0062102_12391162.jpg連休最後の昨日は買い物に行ったり、DVDを見たりマッタリと過ごしていました(*^_^*)そんななか土曜の深夜に読売テレビで『八月のクリスマス』をビデオにとっていたので見ました。実はこの映画見るの3回目なんですけど、セリフが少ないから見る側の想像力をかきたてられる映画で好きなんですよ!主役は『シュリ』でも有名なハン・ソッキュssi。彼は韓国では国民的俳優と言われるほど人気・実力ともトップクラスの俳優だけど最近は『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシクssiなどが頭角を現してきてちょっと押され気味だけど、亡くなったイ・ウンジュssiの遺作となった『スカーレット・レター』などでもいい演技をしているらしいのでぜひ見たいと思っているんですけど、『八月のクリスマス』では死期が迫り、自分の運命を受け入れ残された日常を普通に送ろうとする写真館の店主を演じていて、すごく味のあるいい演技をしています。

もう一人の主役、その写真館の店主に恋をする婦人警官を引退してしまったシム・ウナssiが演じていて、写真館の店主が死期迫っているとはしらずに店主に恋をする女性を初々しく演じていて韓国の女優さんの中でもすごく好きな人です。突然の引退から5年経ち今だにカムバックをしてほしいと言われる人で、たびだび復帰説が出るけどなかなか実現はしない。でもどうして引退しちゃったのかな~!?結婚するためとかいわれたりもしたけど、してないみたいだし。韓流ブームのなか彼女が昔出ていたドラマなどが見れる機会が増えて、見るとやっぱりぜひもう一度演技を見てみたいと思ってしまいます。ぺ・ヨンジュンssi主演で話題の『四月の雪』の相手役にウナssiの名前があがったりもしたみたいだけど結局たち消えになってしまって今では伝説の女優になってしまっている。でもファンとしてはやっぱりもう一度演技をするウナssiを見たいんだけどな~まだまだ復帰してくれることをひそかに願っています(^O^)
[PR]

by inami4009 | 2005-05-09 12:42 | 韓国女優