たくさんのありがとうを

うちにはブログを始めた当初からずっと遊びに来てくださってる方が幸せなことにいて、
その方もその一人でした。

F4から始まった縁はアジアのエンタメが好きという共通点からどんどん深くなり、
私のブログの読者になりたいからとわざわざアメブロのIDをとってくださって、
それをきっかけにご自身もブログを始められて、かわいい3人のお子さんに一生懸命愛を注ぐ、
やさしくて強いお母さんでした。

そんな人に運命は残酷でした。いつも一生懸命前向きに明るく生きていたのに突然病魔が襲いました。それでも子供たちのために、子供たちの孫を見るまではなんとしても生きてみせる、とがんばっていたのに神様は無情にも天国につれていってしまいました。

このことを知ってから3日間、その方との思い出が色々蘇ってきて、
コメントとか読み返しては何とも言えない気持ちになりました。
私はその人のほんの一部しか理解できてなかったと思うけど、現実はとても苦しく
大変な日々だったと思うと何もできなかった自分の無力だけが悔やまれます。

住んでる場所が離れてて、一度もお会いできなかったこと、
一度東京に行くと言ったときに会いたいと言ってくれたのに会えなかったこと、
今更後悔しても遅いのはわかってるけどあの時会いに行っておけばと悔やんでも悔やみ切れません。

結婚もしてない、子どももいない私が家のことだけでも大変なのに病気を抱えて、
大変な思いをされているのに変に励ましてしまうと傷つけてしまうのではとの思いから、
暖かい言葉の一つもかけれなかった。その人を傷つけるのが怖かったのではなく、自分が拒絶されてしまうのが怖かっただけなのかもしれません。そんな想いもすべてお見通しで、大丈夫だよと言ってくれたその方の優しさ、強さを一生忘れません。

生前何の力にもなれなかった無力な私に今更できることはないのかなと
この3日間ずっと考えてました。
ずっと好きだったF4のコンサートにいつか行きたいと言っていたことを思い出し、
大好きだったF4に見守られながら天国に行ければと思いこれを贈ります。




少しでもkumiさんに想いが届いてくれてるといいんですが…
kumiさん、本当によくがんばりましたね。
会ったことはなかったけど当たり前の1日、1日がどれほど大切かを
身をもって教えてくれて、ありがとう。
これからはゆっくりと天国で休んで、大切な子供たちを見守り続けてください。
子供たちがお母さんのように、強く、たくましく成長していてくれることを心から願ってやみません。
慎んでkumiさんのご冥福を心からお祈りします。
[PR]

by inami4009 | 2009-09-28 01:00 | 日記