まさかまさかの第二弾

またまた今週もちびミヌ母の実家に来てます~今日はちびミヌの誕生日プレゼントを渡しに来たんですがやっぱりそれでは終わらず(笑)ひたすらくだらないことを話してるんですが、先週皆さんからの反響が大きかったことに図に乗ったねーさんがまたやろうか?と言い出しまして、面白くないとか思ってる人もいるようですが、まぁ私のブログなんで好きにさせていただこうかな~と。>そういう人はスルーしてくださいませ。自分たちでも十分くだらん話だとわかってますが、こういうことでも話して少し気持ちが楽になればいいかな~という意図なので、もしよかったらウダウダ話にお付き合いいただければ。

:「まさか第二弾をやるとは思いもしなかったんですが、調子に乗っているおねーさんの登場です(笑)」

ちびミヌ母:「ど~も、こんにちは。先日は思いのほか皆さんから反響をいただきまして
ビックリと同時にうれしかったですよ~」

:「本当にあまりにもウダウダ話でお見せするのが恥ずかしい気もしたんですが、皆さん何かしらとモヤモヤしてるストレス発散になればね、まぁ私たちが一番ストレス発散してるんだけど(笑)先週の今頃はねーさんは韓国に行ってましたよね~しかし何度考えてもよく一泊二日で行くというか^^;どうでしたか?ミヌっちは」


ちびミヌ母:「そりゃ~最高ですよ!!私も結構ギリギリまで行こうかどうしようか迷ってたんだけど、行ってよかったです!一時期私たちの間では日本入国禁止だったんですが(笑)ようやく私たちのミヌに戻ってきてくれたて感じでした!!そうそうもう皆さんわかってると思うんですが、ミヌってそんなに大きくないじゃないですか、それに関してはもうどうでもいいと思ってたんだけどこの前チョコレート見たときヒジュンと並んだときにミヌのほうが小さかったの!これが結構ショックで。。。ヒジュンには勝ってると思ったのに」

:「それはひじゅんがそのとき高いソール入れてたんでしょう(笑)この前うにょが親友ノートでヒジュンに最新型のソール紹介してもらったって言ってたって。ミヌもそのうち入手するでしょ(笑)ってどんどん早速話がづれてきましたが(笑)ジニはすぐにわかったの?握手してもらったんだよね?」

ちびミヌ母:「えらわかりよ(笑)ちょうど友達の少し斜め前くらいにいたので、出るときに握手してもらいました!でも私、シナの中で一番握手してもらってるのがジニなんでそんなに緊張もしなかったんだけど(笑)」

:「あらら、そんなこと言っちゃっていいんですか?ちびミヌをジニと同じ誕生日にしようと狙って出産したくせに(笑)」


ちびミヌ母:「それは本当に偶然だって!!狙って産めるなら今頃有名人よ」

:「まぁ出産話はどうでもいいんだけど(笑)どんわんは本当にいたの?」

ちびミヌ母:「むこうの友達が見た!って言ってたんだけど私は残念ながら確認できず。でもどんわんならいてもおかしくはないと思いますよ~」

:「こういう話聞くとやっぱりシナってすごいよな~と思いますよね。それに比べて・・・もう今日はこの話はいいや(笑)今日の話題は何で行きましょうか?」

ちびミヌ母:「今話題のSMエンターティメントなんてどうでしょう?」


:「え~もうおなかいっぱいなんだけど(爆)だってえぐい話が多いでしょう。リアル恐い話が多いんだもん(苦笑)」

ちびミヌ母:「でもここのタレントに興味がある人は多いけどどういう事務所かというのは知らない人が多いと思うので面白いかな~と思ったんだけど」

:「まぁ私もよく聞かれるので、おねーさんのほうが詳しいから色々聞けるのは面白いかもね」

ちびミヌ母:「そうそうシン・ドンヨプて司会者いるじゃない?あの人も元SMだって知ってた?」


:「しらない~!え~そうなんだ、SMって昔はお笑いみたいな人もいたんだね~」

ちびミヌ母:「そうそう今でこそアイドル事務所みたいに言われてるけど、昔はアイドルだけって訳じゃなくもともとはソロ歌手もいたんだけど、その人が今、話題の薬で捕まって(苦笑)事務所もかなりピンチになったときに出てきたのがH.O.Tなわけなんですが、最初はここまで売れるとは思ってなかったてメンバーもすまんちゃんも言ってますが、ここがやっぱりSMの原点なのは間違いないですね」

:「だってこのころからアメリカからつれてきて英語名で活動させたりするのって今でも主流になってるところはあるもんね。有名な話だけどH.O.Tのトニー、エリとえんでぃはアメリカのころから仲がよかったって話だけどトニー、えんでぃの組み合わせが私は大好きなんだけどえりとトニーっていうのがあんまり想像つかなかったりするんだけど」

ちびミヌ母:「確かにタイプ的に似てない感じもするけど、ヨジャ関係ではどちらも相当なつわものだから(笑)」


:「またやばい話に行きそうなんだけど^^;やっぱりH.O.Tって言うのはいまだに語り継がれるくらいいろんな伝説を残したって訳ですね。H.O.Tペン時代で一番驚いたことって何?」

ちびミヌ母:「女の子同士で本気で殴り合いができるってことですよ(爆)当時DSPのチェッキーも人気があったんだけど、そのチェッキーペンとH.O.Tペンがまた仲が悪く、本気で殴り合いしてる姿にさすがこれが韓国の熱さなのかとか思いましたね~あとH.O.Tのコンサートでバタバタ倒れるペンには驚いたな~あんな風に人間って倒れるんだってビックリでした」


:「3集の頃のコンサートでひじゅんのソロで舞台から落ちちゃって腰骨折ったときだよね?」

ちびミヌ母:「そう!あれを生で見てたんですが、あの光景はいまだに忘れませんね~本当に人形なんじゃないかと思うくらい人がバタバタ倒れていく光景なんてなかなかないですからね。シナのドンワンの「YO!」のビジュアル初めて見たときは私もさすがに倒れそうになったけど(笑)」

:「あれは本人が今見ても倒れると思う(笑)ひじゅんの話で思い出したけど確かトン4集活動時に同じ場所でユノが怪我したんですよ~あの時私はヒジュンのことが頭に浮かんでこうもこの事務所はいろんなことがシンクロするかと思ったものですよ。今もですがね(爆)」

ちびミヌ母:「確かに時代は繰り返されることがあるのかもね。じゃあ今のゴタゴタも・・・これに関しては後でと思ってるんですが、SMといえば忘れちゃいけないヒットメーカー、ユ・ヨンジンですがこの人ももともと歌手だったてことを知ってる人って多いのかな?」


:「最近ヨンジンさんで検索してうちに来てくれる人が多いんだけどこの人のソロCD持ってる人って私たちだけじゃないの?(笑)でも本当にいいんですよね~ヨンジンサウンドが好きな人なら必ずはまると思う。やっぱり彼がいたからこそあの事務所もここまで来たって言っても過言じゃないよね」

ちびミヌ母:「確かに。この人のすごいところは自分の主流の音も残しながら、時代の流れも汲んだ音が作れるところだと思うんだけど、シュジュの今回の「sorry,sorry」がまさかヨンジンさんだとは思わなかったんだけど、この曲聴いて新たな道を見つけたんだな~とビックリしました」

:「SMって専属で抱えてるクリエーター多いじゃない?ヨンジンさんみたいに。これもSM特有なところがあるのかな?」


ちびミヌ母:「今は知らないけど昔はそうだったよね。これに関しては権利関係もあるから自分のところの専属の作家のほうがいいってところもあったみたいなのよね。あとスマンちゃんの中では今人気の歌手もやっぱり歌手として長く活動していくことって難しいから、作詞作曲能力がある人間を手元に残してゆくゆくは裏方でがんばってほしいて思ってるところがあるみたいで、その代表例がヒジュンとカンタだったと思うんだけど、やっぱり一度スポットライトを浴びちゃった人は裏だけにとどまれる人ってそうそういないんですよね。だから最終的にヒジュンは出ちゃったんだと思うんだけど、取りようによってはアイドルの先の人生もある程度考えてくれてるとも取れるし、スポットライトを浴びてきた人間を裏に回すのは酷だという取り方もあると思うし、それは人それぞれよね」

:「だから13年とかいう期間で契約したいと思っちゃうのかもね。じゃあおねーさんが見てきたSMの歴史に中で一番才能があると思ったのは誰?」

ちびミヌ母:「ヒジュンです!」

:「お~即答ですね~私はミヌと来ると思ったんだけど。私もムンさんは只者じゃないと思ってるけどどいうところが?」


ちびミヌ:「まず歌手としては高音、低音、バラード、ラップすべて全部うまいって人ってこの人だけだと思うんですよ。もちろんカンタやへソン、しあもうまいと思うんだけど、全部できるかって言われると難しいと思うんだけど、それができるしダンスもウヒョクの影に隠れがちで、あの体系じゃ踊れるのが不思議でしょうがなかったりするんだけど近くで見るとやっぱりうまいし、振り付けできるのもすごいでしょう。何よりヒジュンの作詞作曲能力を買っていて5集タイトル曲「Outside castale」は日本の乙武さんの「五体不満足」に感銘を受けて作られた曲なんですが、韓国では日本よりも障害者への理解ていうのはまだまだな部分があって、そういうことをアイドルが曲にして、しかも振りに手話を入れるっていうのは斬新でしたよ。」

:「それではここで「Outside castale」お聞きいただきましょう!」

ちびミヌ母:「結局それがしたかっただけじゃん(笑)」




:「やっぱりすごいですね~赤髪しか目が行かないかもしれないけどすごい人ってことですね」

ちびミヌ母:「今は完全にお笑い系だけどね(笑)」


:「私の中でえちょと今回のことで違うところがあるとすれば5集を作ってないってことなんですよ!それも納得できるすばらしい出来の!そこも結構大きなところではあるんですよね~」

ちびミヌ母:「H.O.Tの2集くらいの活動期のときにメンバーの入れ替えが噂されたことがあってそのときは結局ファンにもそれが知れ渡って話は消えちゃったんだけど、スマンちゃんってどうも絶頂期に終える美学みたいなのがあるんじゃないかとずっと前から思ってるんだけど、今回もなんか本気でもう一回一緒にやっていこうて気持ちが伝わってこない感じはしますね」

:「だからといって3人で個人事務所なんて作っちゃっても大変なのは目に見えてるでしょう?」


ちびミヌ母:「そうだね~シナのときとは事情が違うしね。参考例としてJTLの話をしますが、SMと決別した3人は当時godが所属していたサイダス系列の事務所に所属したんですが、これがSMの怒りを買ったのかすぐにはテレビなどで活動できず。「A better day」て曲のMVにも本人たちが出てないのはそういう事情があるのではと言われたことがありました。本格的に活動が始まってもやっぱりあの事務所の妨害はすごく、JTL単独でコンサートしたときだったかな?JTLのコンサート会場の隣でSMのコンサートをやったことがあったんですよあせるあらゆる力を使ってでもなんとかしたいと思う、しつこい性質を持った会社ではありますね(爆)」

:「そういうの聞いても敵に回すと怖いてことなんですが、出てみてしかわからないんだろうな~その怖さって」


ちびミヌ母:「そういうことが日本でも平気にあるけど、市場規模が小さい韓国でそれをやられるとかなりきついものがあるのは事実ですよね。ただだからといってSMの行為は正当化できないし、こういうところは改善していかないといけない部分だと思うんですがなんせ遅れてるんですよね、韓国のシステムは」

:「だからねーさん登場だって!こちらの皆さんも待望で待ってくれてるんだし!」

ちびミヌ母:「私なら契約時に自社株渡して、自分たちのがんばり次第で株も上がるし、下手なことすれば株も下がるし、それによって会社の成長も期待できると思うのでって・・・乗せるな(笑)」


:「今、化粧品の名前に名前入れたりするのも問題になってるけどそれも事務所でやっちゃって本人に売れるたぶんだけ何パーセント渡す、売れたら売れた分だけパーセンテージを増やしてモチベーションをあげたり、うまい具合にコントロールすればいいのにね。ゴタゴタするよりそっちのほうがいいでしょうに」

ちびミヌ母:「そしたらカンインの小指の約束ステッキやイェソンイオン水はどれくらい売れるのかな~(笑)」


:「いぇそんさんは神なので爆発的な大ヒットは間違いないでしょう!売れなかったらいぇそんさんなら自分で売って回ってくれそう(笑)私的にはきゅーちゃんの「きゅーちゃんと一緒に学ぼう!よくわかる数学DSソフト」なんて作りたいな~(笑)」

ちびミヌ母:「ホントどんどんいたいことになってきてるよ^^;」

:「もうここでは十分イタイ管理人で通ってるから(爆)こういう話してるのが一番楽しいって現実がどんだけ殺伐としてるかってことですが^^;また長くなっちゃったのでここぐらいで。ウダウダ話にお付き合いいただきありがとうございました!」



ここまではちびミヌ母の実家で2人で書いていたんですが、実はちょっとカットしました(爆)
書くのと話すのは違うてことをすっかり忘れてたみたいで、後で読み返したらとてもお見せできない毒がありまして、カットしてこの長さかよっというツッコミはやめてください(笑)ちょっと業務連絡。おねーさんさすがにカットしたから!調子に乗りすぎなんだよ(爆)本当にウダウダ話なので、あんまり深く考えず、流して、流して読んでください。息詰まりそうな状況で、考えれば考えるほどわからなくなる中でちょっと息抜きになれば。くだらない世間話と思っていただけるのが一番です。まだ話し足りないことがちびミヌかーさんにはあるようなのでそのうち管理人が交代して「ちびミヌかーさんの毒吐きASIAN日記」に変わってたりして(笑)
[PR]

by inami4009 | 2009-08-23 21:10 | 日記